【教員】

金投資の種類について元教員(公務員)の僕が解説をするブログ記事

金投資の種類について元教員(公務員)の僕が解説をするブログ記事「公務員(教員)なんだけど、資産運用を考えている。金投資の種類について知りたいなあ」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

本記事では、

金投資の種類

について説明をします。

 

この記事を読むと

  • 金投資とは何なのか?がわかる
  • 金投資の種類がわかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、元社会科教員。

  • 社会の仕組み?について、それなりにくわしい
  • わかりやすく説明するのが、それなりに得意

 

金投資とは

金投資についての説明画像

金投資とは、その名の通り、「金」(=ゴールド)を資産として保有することによる投資のこと。

※「金」だと「かね」なのか「きん」なのかちょっとわかりづらいので、このブログ記事ではなるべく「ゴールド」って呼びます。

 

基本的には、ゴールドを「安く買って、高く売る」ことになります。

 

 

金投資は「守り」の投資

金投資についての説明画像

金投資は「守り」の投資って、よく言われます。

 

というのも、ゴールドは資産の価値が急激に低くなったり、なくなったりしないから。

 

 

金投資についての説明画像

ゴールドって、ゴールドそのものが価値を持っていますよね。

あの金ピカの見た目は、世界中の人間の心を奪うのです。

 

そして、ゴールドは埋蔵量が少なくて”レア “なので、価値があるのです。

 

 

いや、実際には「みんなが価値があるって信じているから」価値を持っているだけであって、「金ピカとかダサくねww」って世界中の人が思うようになったら価値がなくなります

 

ですが、その可能性は限りなく低いです。

 

 

実際、歴史的に、世界中でゴールドは価値のあるものとして認識されていたわけで、たぶんゴールドに惹きつけられるのは人間の本能なんですよね。

 

 

金投資についての説明画像

というわけでゴールドは資産の価値が急激に低くなったり、なくなったりしないので、「守り」の資産と評価されています。

 

ゴールドが持つこの安定感は、株式や債券とは違うところ。

株式は会社が倒産したら価値がなくなりますし、債券は国などが破綻したら価値がなくなります。

 

もちお
もちお
そういうこともあって、株式や債券の相場が下がった時に、ゴールドは相場が上がることも多いのだとか。

 

株式や債券の相場が下がると、みんなが守りに入って、ゴールドへの投資を行う傾向が強くなるのです。

 

 

金投資についての説明画像

もちろん、ゴールド自身が新たな価値を生み出すことは一切ないので、配当のようなリターンはありません

ゴールドは成長しません。

これはゴールドの弱点です。

 

 

というわけで、

リターンを得るために、いわば「攻め」の投資として株やFXや投資信託を行って、その補助としてゴールドの投資をする

っていう感じで投資をするパターンが多いようです。

 

「自分は”堅実”で”安定志向”なんです!」っていう人は、金投資から初めてみるのはアリ。

忙しい公務員(教員)にもおすすめ。

 

▶️株の仕組みを、元教師が中学生や子供にもわかるように簡単に解説する

▶️FXの仕組みを元教員が日本一わかりやすく解説しようと頑張る記事

▶️投資信託の仕組みを元教員が日本一わかりやすく解説しようと頑張る記事

 

金投資の種類

では、そんな「守り」の投資である金投資にはどんな種類があるのか?についてです。

大きく分けると5種類あります。

 

  1. 金地金(きんじがね)
  2. 金貨
  3. 純金積立
  4. 金ETF
  5. 先物投資

 

①金地金(きんじがね)

金投資についての説明画像

ゴールドのかたまりを保有します。

 

アニメやドラマに出てくる、あれです。

金の延棒。

インゴットとも言います。

 

いくらから始められるか 実は数千円から可能
どこで買えるか 田中貴金属

三菱マテリアル(ゴールドパーク)

メリット 持っているとうれしい
デメリット 保管が大変

本物かどうかを見極める必要あり

 

実は、1g単位での購入も可能です。

(2019年11月現在でゴールドは1g = 5,000円くらい)

※ただし、500g未満の売買には手数料がかかります。

 

メリットは、持っているとうれしいことw

 

デメリットは、保管が大変なこと。

家に置いておくのは盗難のリスクがあって怖いです。

かといって銀行の貸金庫にあずけると、保管のためのコストがかかります。

また、適当なところで購入しようとすると、偽物をつかまされる可能性もあります。

 

 

②金貨

金投資についての説明画像

金貨を保有します。

 

いくらから始められるか 約20,000円から可能
どこで買えるか 田中貴金属

三菱マテリアル(ゴールドパーク)

メリット 持っているとうれしい
デメリット 保管が大変

本物かどうかを見極める必要あり

 

金貨のサイズ(重さ)によって、価格が変わります。

金貨にはデザインが施されていて、その加工費がかかっているので、金地金よりも割高感があるものもあります。

 

メリットは、持っているとうれしいことw

見た目のデザインがおしゃれなものもあって、幸福感を得られますw

 

もちお
もちお
こういうチョコレート、子供の頃うれしかったですよね

 

特にオーストラリア政府が発行しているカンガルー金貨は有名とのこと。

 

 

デメリットは、保管が大変なこと。

家に置いておくのは盗難のリスクがあって怖いです。

かといって銀行の貸金庫にあずけると、保管のためのコストがかかります。

また、適当なところで購入しようとすると、偽物をつかまされる可能性もあります。

 

 

③純金積立

金投資についての説明画像

1ヶ月にいくら分の金地金を買うかを決めたうえで、毎日一定額の金地金を買い付ける方法。

 

いくらから始められるか 毎月1,000円から可能
どこで買えるか 田中貴金属

三菱マテリアル(ゴールドパーク)

証券会社

メリット お手軽

リスクが少ない

デメリット 手数料がネック

 

メリットは、お手軽でリスクが少ないこと。

買ったゴールドは積立先が保管してくれるので、保管の面倒さはありません。

 

また、ゴールドの値段が下がった時には多く買って、値段が上がった時には少なく買う…というドルコスト平均法なる手法を使って買い付けていきます。

 

というわけで、純金積み立てはリスクをおさえることができる金投資の方法です。

 

 

デメリットは、手数料が高めなこと。

楽天証券やSBI証券なら年会費はかかりませんが、田中貴金属や三菱マテリアルなど、年会費がかかる会社もあるので要注意です。

 

 

④金ETF

金投資についての説明画像

運用の成果がゴールドの価格の動きに連動するように設定された投資信託です。

投資信託については、こちらの記事で解説をしています。

▶️投資信託の仕組みを元教員が日本一わかりやすく解説しようと頑張る記事

 

いくらから始められるか 数千円から可能
どこで買えるか 証券会社
メリット お手軽

リスクが少ない

NISAの制度を利用できる

デメリット ゴールドの現物と交換できないものが多い

 

メリットは、ゴールドの価格の動きに合わせているので、価格が大きく下がるリスクが低めなこと。

また、NISA制度の対象になっています。

 

デメリットは、ゴールドの現物と交換できないものが多いこと。

ゴールドに投資をしている実感は得にくいかもしれないです。

 

 

⑤先物投資

ゴールドを「将来買う(売る)」ことを約束して取引を行います。

 

もちお
もちお
正直、公務員(教員)にはリスクが高すぎて不向きなので、説明は省略します。(すみません)

 

金投資の種類のまとめ

以上、

金投資の種類

について解説をしました。

 

まとめると、

金投資についての説明画像
  • 金投資は「守り」の投資
  • 金地金や金貨は所有欲を満たせるけど、保管が不便
  • 純金積み立ては手軽でリスクが少ないけど、手数料が高め
  • 金ETFは手軽でリスクが少ないけど、ゴールドの現物と交換できないものが多い

となります。

 

ではでは、資産を増やしましょう。

 

もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です