Kindle

【レビュー】Kindle Paperwhite純正カバーの感想を率直に書きますよ

 

こんにちは。もちおです。

 

Kindle用のカバーって、何にするか迷いますよね。

 

そこで本記事ではKindle Paperwhiteの純正カバーのレビューをします!

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバー

もちおの評価 ★★★★☆
もちおのコメント 安っぽい感じはしない
カバーを開くと、Kindleが自動的に起動するのが良い
カバーのおかげで片手で持ちやすくなった
唯一の難点は、カバーを外すのがちょっと大変なこと

 

 

 

Kindle Paperwhiteの純正カバー(10世代)のレビュー

僕が買ったのは、こちらです。

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバー チャコールブラック

(値段3,680円)

 

色は3種類。

  • カナリアイエロー
  • チャコールブラック
  • マリンブルー

 

 

ちなみに他にもレザーの純正カバーもあったのですが、そちらは値段が5,000円弱とちょっと高めだったので、やめました。

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

で、これが純正のファブリックカバー。

明るいところで撮ったので色が明るいグレーっぽくなっていますが、本物はもうちょっとダークな感じです。

Amazon公式ページの写真通り)

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

ファブリック(織物)です。

安っぽい感じはしないです。むしろ、おしゃれな感じがする。

 

良い感じにザラザラしていて抵抗があるので、手から滑り落ちることはなさそうです。

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

裏面もシンプルです。

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

開くとこんな感じ。

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

本体を完全に覆うタイプではありません。

(ホコリすごいな)

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

これが下部。

(キズついてますが、カバーを使う前についたキズです)

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

これが上部。

 

 

 

ただ、横側はしっかりとカバーされています。

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

右側。

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

閉じるとこんな感じで、Kindle本体をしっかりと守ってくれます。

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像 Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

左側。

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

カバー部分は、「カバーに使われる、あの素材」です。(なんて言うんだろう)

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

カバーは折ることができます。

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

マグネットが入っているようで、背面にピタッとくっつきます。

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーを開くと画面が起動する画像

で、なんとカバーを開くと、Kindleが自動的に起動します。

 

もちお
もちお
おおー。

 

Kindleって起動するためにボタンを押すのが実はちょっと面倒だったので、これは便利ですね。

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

読む時は、カバーを折るのも良し。

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

カバーを開いて本みたいに読むのも良し。

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

僕のおすすめは、人差し指をこうやって挟む持ち方。

こうすると、Kindleを片手でしっかりとホールドできます。

 

もちお
もちお
このカバーを買うまでは、Kindleを裸で使っていたんですよね。

そうすると、片手でホールドするのが大変でした。

 

が、カバーを付けたことで片手で持ちやすくなって。

 

もちお
もちお
マジ買ってよかった

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

ちなみに、カバーの付け方はすごく簡単。

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

こんな感じで、差し込んで

 

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像

押し込むだけです。

 

もちお
もちお
簡単。

 

 

このカバー、すごく良いんですが…唯一の難点はカバーをちょっと外しづらいこと。

 

もちお
もちお
気軽に着脱できる、って感じではないので、Kindleを裸の状態で風呂に入りながら使いたい…って場合は、少し面倒かも。

 

カバーの外し方は「外し方」だけピックアップして別記事に書きます。

 

一応、このファブリックカバーは水に強い素材らしいので、そのまま風呂で使っても大丈夫だとは思いますが。

 

Kindle Paperwhite (第10世代) 用 ファブリックカバーの画像
引用:Amazon

 

でも、この公式ページの写真のように使う気になるかと言うと…微妙な気がしますw

 

 

Kindle本体と純正カバー

Kindle Paperwhite

一番売れているモデルとのこと。

容量は8GB。マンガをダウンロードしないなら8GBで十分だと思います。

 

Kindle Paperwhite シグニチャーエディション

ワイヤレス充電・明るさ自動調整の機能付きの上位モデル。

容量は32GB。マンガをダウンロードしたいならこっち。

 

 

 

Kindleに関する他の記事

Kindleのカバー

Kindleのカバーは必要?1年経ってから僕がカバーを買った理由【Kindle Paperwhite】
Kindleのカバーは必要?1年経ってから僕がカバーを買った理由【Kindle Paperwhite】「Kindle Paperwhiteにカバーって必要かな?」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 僕がなんでKindleのカバーを買ったのか? について説明をします。...

 

Kindleを買うべき人と買うべきじゃない人

Kindleを買うべき人と買うべきじゃない人について【キンドル】
Kindleを買うべき人と買うべきじゃない人について【キンドル】本記事では、 Kindleを買うべき人 Kindleを買うべきじゃない人 について、僕の本音を話します。...

 

キッズモデルと通常モデルの違い

Kindleキッズモデルを他モデルと比較【中学生や大人も使える?】
Kindleキッズモデルを他モデルと比較【中学生や大人も使える?】Kindleキッズモデルよりも通常モデルの方が良いんじゃない?って迷う人も多いはず。 そこで今回は、 Kindleキッズモデルって他モデルとどんな違いがあるの? 中学生がキッズモデルを使うのはあり? 大人がキッズモデルを使うメリットってある? っていう疑問に、僕なりの視点で答えたい。...

 

教員の方へ

本を出版しました

「過去の僕のようになってほしくない」という思いを込めて、元教員の僕の具体的なノウハウをまとめた電子書籍を出版しました。

 

<目次>

  • はじめに
  • 第1章 長時間労働の理由
  • 第2章 生産性を意識する
  • 第3章 教員の仕事との向き合い方
  • 第4章 スケジュール管理・タスク管理
  • 第5章 作業環境を整える
  • 第6章 教室環境を整える
  • 第7章 メンタルを整える
  • おわりに

 

いろんなキンドル本が読み放題になるKindle Unlimited会員の方なら、無料でお読みいただけます!

なので、Kindle Unlimitedでお読みいただくのがおすすめです!

 

 

 

教育問題についての僕の意見

教育問題について考えたこと(別ブログ)

 

 

YouTubeもやっています

チャンネル登録お願いします(クリック)

 

社会科ブログも運営しています

また、社会科についてまとめたブログ「社会科マガジン」も運営しています。日本史などの教材研究にお役立てください。

社会科マガジン

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA