【生活改善】

償却原価法とは?簿記学習者向けに元社会科教員がわかりやすく解説

 

「簿記をやってるけど、償却原価法がよくわからん!なんでこうやって解くのかわからない!暗記するしかない!」っていう人(商業科の高校生・商学部の大学生)向けに、

  • 償却原価法とは何なのか?
  • 償却原価法を使う社債に関する問題の解き方

について説明します。

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

 

そもそも簿記とは?

会社の財務状況を報告するための決算書を作る作業のこと。

 

財務状況=どれくらいお金を持っているか?どれくらいお金を使ったか?など

 

 

なんで決算書を作るのか?

会社は毎年、「1年間の活動はこんな感じでしたよ!今の状況はこんな感じですよ!」ってのを報告しなきゃいけないからです。

 

ちゃんと正確に報告をしないと、

  • 税務署から「オマエ、納める税金をチョロまかしてるんじゃねえだろうな」ってニラまれるし、
  • お金を貸してくれる人・お金をくれる人が「この会社にお金を渡しても大丈夫だ!」って判断できません。

 

 

償却原価法のベースにある考え方

償却原価法のベースにあるのは、「一度にまとめて受け取ったものは、それが影響する期間(年数)で割って、毎年ちょっとずつ決算書で報告するべき!」っていう考え方です。

 

どういうことかというと。。。

 

例えば、お小遣いをこうやって渡されたとします。

償却原価法とは?簿記学習者向けに元社会科教員がわかりやすく解説
  • A君:4月〜9月は5,000円10月〜3月は10,000円もらった
  • B君:「1年分のお小遣いだよ」ってことで4月にまとめて120,000円もらった

 

ここで、A君とB君がお互いに「4月のお小遣いはいくらだったか?」を報告しあうとします。

 

A君は「5,000円もらった」でOKですよね。

 

じゃあB君が「120,000円もらった」って報告したらどうでしょうか?これだと、ちゃんと正確に報告しているとは言えない感じがします。確かにお金を受け取ったのは4月だけど、120,000円は「4月のお小遣い」ではないからです。

 

償却原価法とは?簿記学習者向けに元社会科教員がわかりやすく解説

そう考えると、

B君は4月のお小遣いとして「120,000÷12=10,000円もらった」

って報告した方が、実態をちゃんと表していると言えます。だってB君は「12ヶ月間のお小遣い」として120,000円もらったわけなので。

 

他の月に関しても同様に考えると、、、

例えば、B君の5月のお小遣いは「(実際には5月にお金を受け取ってはいないけど、)10,000円」って報告するべきですよね。

 

んで!

つまり、「一度にまとめて受け取ったものは、それが影響する期間(年数)で割って、毎年ちょっとずつ報告するべき!」ってことです。

この考え方が、償却原価法のベースにある考え方です。

 

会社は毎年、決算をちゃんと・正確に報告しなきゃいけないので、何かをまとめてもらった時は特別な計算(→償却原価法の適用による評価)をすることになるわけです。

 

ってことで、最後に練習問題に即して説明します。

 

 

償却原価法を使う社債に関する問題

問題

A会社は下記の条件で社債を平成○年4月1日に発行して、全額の払い込みを受け、払込金は当座預金とした。

 

発行条件

  • 額面総額 ¥40,000,000
  • 償還期限 10年
  • 利払いは年2回で小切手を振り出して行う(利率は年6%)
  • 払込金額 ¥100につき¥97

 

(1)発行時の社債勘定に計上する額

(2)第1回目の利払いに際して、支払う社債利息の額

(3)第1回目の決算(平成□年3月31日)に際して、償却原価法の適用による社債利息の当期配分額

 

 

「社債」とは?

償却原価法とは?簿記学習者向けに元社会科教員がわかりやすく解説

会社がお金を借りる時に発行する債券(「10年後に¥40,000,000返します!」って書かれた証明書)のこと。

 

 

「額面総額¥40,000,000」とは?

償却原価法とは?簿記学習者向けに元社会科教員がわかりやすく解説

債券が償還期限を迎えた時(10年後)に、その債券を持っている人は¥40,000,000受け取れるよ!ってこと。

 

 

「償還期限10年」とは?

償却原価法とは?簿記学習者向けに元社会科教員がわかりやすく解説

会社は10年後に額面総額に書かれた金額を払わなきゃいけないよ!ってこと。

 

 

「利払いは年2回で小切手を振り出して行う(利率は年6%)」とは?

「利率は年6%」の意味

 

「額面総額 ¥40,000,000」の6%を、毎年、債券を持っている人に支払うよ!ってこと。

つまり、¥40,000,000×6%=¥2,400,000が1年間の利子で、これを償還期限を迎えるまで(=10年間)払いますよ!ってこと。

 

「利払いは年2回」の意味

 

1年間の利子¥2,400,000を年2回に分けて払いますよ!ってこと。

つまり、¥2,400,000÷2=¥1,200,000ずつ払いますよ!ってこと。【(2)の答】

 

 

償却原価法とは?簿記学習者向けに元社会科教員がわかりやすく解説

ちなみに、社債はこんな感じで「本券」と「利札(りさつ)」の2つから構成されています(※利札がないものもあるけど)。利札はクーポンとも言います。マックの紙のクーポンみたいな感じ。

 

んで、今回の問題の債券では「利子を年2回、10年にわたって払う=合計20回利子を払う」ことになっているので、¥1,200,000を受け取れる利札が20枚、本券にくっついているってことです。

この社債(=本券+利札)を持っている人は、¥1,200,000の利子の支払いを20回受けられるわけです。

 

 

払込金額¥100につき¥97とは?

償却原価法とは?簿記学習者向けに元社会科教員がわかりやすく解説

「額面総額¥40,000,000」の社債を、¥40,000,000のままじゃなくてちょっと割引して売ったよ!ってことです(割引して売ることで社債が売れやすくなるから、だと思えばOKです。社債を発行する会社はとにかくお金が欲しいから、割引してでも売りたいわけです。)

んで、計算すると、¥40,000,000÷100×97=¥38,800,000

 

 

償却原価法とは?簿記学習者向けに元社会科教員がわかりやすく解説

つまり社債を発行した会社は¥38,800,000受け取った!ということになります。【(1)の答】

 

 

割引して発行したので会社は損している!(→償却原価法)

償却原価法とは?簿記学習者向けに元社会科教員がわかりやすく解説

会社は社債を発行することで、

  • ¥38,800,000借りて
  • 10年後に¥40,000,000返す(償還する)

ことになりました。割引して売った結果、発行時に借りた金額と10年後に返す金額にズレが生じることになったのです。

 

これって、「¥40,000,000-¥38,800,000=¥1,200,000の利息を10年間にわたって負った」と解釈することができますよね。つーか、そう解釈してください!

 

 

償却原価法とは?簿記学習者向けに元社会科教員がわかりやすく解説

となると、「12ヶ月間のお小遣い」として120,000円もらったB君が「4月のお小遣いとして120,000円もらった」とは言えないのと同じで、

「¥1,200,000の利息を社債発行時に(=1年目で)負った」と評価するのは不適切です。

 

 

償却原価法とは?簿記学習者向けに元社会科教員がわかりやすく解説

償還期限は10年間で、10年間にわたって¥1,200,000の利息を負ったと解釈した方が実態に合っているので、償却原価法の考え方に基づいて、

¥1,200,000÷10=¥120,000が毎年の社債利息だ!って決算書に書くことになります。【(3)の答】

 

このブログの4つのテーマ

もちおの勉強ブログ

小中高生とその保護者向け

 

もちおのソフトテニスブログ

指導者・保護者向け

 

もちおの生活改善ブログ

18才〜30代の大人向け

 

もちおの教員向けブログ

若手教員向け(僕の教員経験を書きました)

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ
ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ