(公民)

レバノンってどんな国?元社会科教員がざっくり解説【カルロス・ゴーン】

レバノンってどんな国?元社会科教員がざっくり解説【カルロス・ゴーン】「カルロス・ゴーンが行ったレバノンってどんな国?ざっくりでいいから簡単に知りたい。」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

本記事では、

レバノンはどんな国なのか?

について説明をします。

 

※ざっくり知りたい人向けに、ざっくり解説します。

 

この記事を読むと

  • レバノンがどんな国なのかが”ざっくり”わかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、勉強が得意。

  • 小学生の時は偏差値40台だったけど、「学年で10位以内に入ったら携帯電話を買ってあげる」という親の甘い言葉で火がつき、猛勉強。その結果、
  • 中学生では、塾に行かずに学年1位
  • 高校では、学年で1ケタの順位をキープ
  • 東大模試で文科三類1位
  • 東大に合格

僕(もちお)は、元社会科教員。

 

チャンネル登録はこちら

レバノンの場所

まず、レバノンはどこにあるのか?についてです。

 

 

レバノンの場所の画像

レバノンは、このあたり…西アジア(中東)にあります。

 

 

レバノンの場所の画像

拡大するとこんな感じ。

地中海、アラビア海、紅海(こうかい)は重要な海なので、覚えておくべし!!です。

 

 

レバノンの場所の画像

もうちょっと拡大。

 

 

レバノンの場所の画像

レバノンは、ここです。

地中海に面していますね。

 

レバノンはどんな国?

次に、レバノンはどんな国なのか?についてです。

 

基本情報はこんな感じ。

レバノンってどんな国?元社会科教員がざっくり解説するための画像
人口 約600万人
大きさ 岐阜県くらい
首都 ベイルート
民族 アラブ人が9割
言語 アラビア語(フランス語・英語もOK)
気候 地中海性気候(温帯)

 

地中海性気候は、夏に降水量が少なくなって乾燥する気候のことです。

地中海性気候の雨温図

(これはレバノンの雨温図ではないですが)

 

 

ポイント①:フランスと関係が深い

レバノンは、フランスと関係が深いです。

 

レバノンってどんな国?元社会科教員がざっくり解説するための画像

昔、レバノンの地域はオスマン帝国の一部でした。

 

 

レバノンってどんな国?元社会科教員がざっくり解説するための画像

が、第一次世界大戦後にオスマン帝国が崩壊すると、1920年にレバノンはフランスの委任統治領になりました。(シリアと一緒に)

 

 

レバノンってどんな国?元社会科教員がざっくり解説するための画像

で、第二次世界大戦中の1943年に、レバノンはシリアから分離独立しました。

 

このように、レバノンはフランスに支配されていた時期があったので、今でもフランスと関係が深いのです。

 

 

ポイント②:首都ベイルートは内戦でボロボロに

レバノンの首都ベイルートは、内戦でボロボロになって地位が下がりました。

 

 

レバノンってどんな国?元社会科教員がざっくり解説するための画像

首都ベイルートは、独立以後、交通の要衝として中東の重要都市でした。

「中東のパリ」と呼ばれるくらい、中東の金融・商業の中心地として発展していたそうです。

 

 

レバノンってどんな国?元社会科教員がざっくり解説するための画像

ちなみに、これがベイルートの写真。

撮影時期は最近だと思いますが、ベイルートが発展都市だということがわかると思います。

 

 

レバノンってどんな国?元社会科教員がざっくり解説するための画像

「中東のパリ」と呼ばれるほど発展をしていたベイルートでしたが、1975年から1990年にかけてレバノンで内戦が起きた結果、国はボロボロになり、ベイルートもボロボロになってしまいました。

 

 

レバノンってどんな国?元社会科教員がざっくり解説するための画像

内戦終了後、レバノンの人々は一生懸命ベイルートを再建しています。(さっきの写真のように)

 

 

レバノンってどんな国?元社会科教員がざっくり解説するための画像

ですが、エジプトのカイロ、トルコのイスタンブール、アラブ首長国連邦のドバイにその地位が奪われつつあります。

 

このように、首都ベイルートはレバノン内戦でボロボロになり、国際的な地位が下がってしまいました。

 

 

ポイント③:シリア内戦の影響で国はボロボロに

隣国シリアで2011年に起きた内戦の影響で、レバノンもボロボロになっていきました。

 

 

レバノンってどんな国?元社会科教員がざっくり解説するための画像

レバノンは、隣国シリアと緊密な関係を築いています。

もともとはシリアがレバノンを実質的に支配していたみたいです。(ただ、親シリア派と反シリア派の対立もあり、2008年に、レバノンとシリアは通常の二国間関係に移行したとのこと)

ベッタリだったんですね。

 

 

レバノンってどんな国?元社会科教員がざっくり解説するための画像

ですが、2011年にシリアで内戦が起きました。

2011年にチュニジアやエジプトなど30年以上の長期独裁政権が、民衆のデモ活動で倒れた(「アラブの春」)のですが、この動きが波及して、シリア政府軍とシリアの反体制派・同盟組織による内戦が起きたのです。

 

 

で、さらにレバノンにも影響が及ぶことに。

 

 

レバノンってどんな国?元社会科教員がざっくり解説するための画像

レバノン内部で親政権派と反政権派の衝突が起きました。

さらに、シリアからの難民も多数受け入れました。(2014年現在、レバノン住民の約4分の1がシリアから逃れてきた難民らしい:Wikipedia情報)

 

これらの結果、レバノンの主要産業である観光業収入の減少し、国がボロボロになっていっています。

 

このように、レバノンはシリア内戦の影響でボロボロになりつつあります。

 

レバノンはどんな国なのか?のまとめ

以上、

レバノンはどんな国なのか?

について、ざっくり解説をしました。

 

まとめると、

  • レバノンは西アジア(中東)にある小さな国。
  • フランスと関係が深い
  • 首都ベイルートは内戦でボロボロに
  • シリア内戦の影響で国はボロボロに

となります。

 

いってらっしゃい。

チャンネル登録はこちら

 

もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です