(地理)

高校地理Bの参考書・問題集を東大卒元社会科教員が紹介【おすすめ】

高校地理Bの参考書・問題集を東大卒元社会科教員が紹介【おすすめ】文系のほとんどの高校生・大学受験生は世界史か日本史を選択するので、地歴の中でマイナー科目となってしまっている地理

地理をまともに勉強する高校生・大学受験生は、地歴が2科目必要な東大受験生か、よっぽどの変わり者のはず。

 

そんなマイナー科目であるがゆえに、高校地理に関する情報は充実している…とは言い難いんですよね。

 

そこで、センター試験・東大二次試験で地理を選択してガッツリと勉強した経験があって、さらに元社会科教員だった僕なりの視点で

高校地理におすすめの参考書・問題集

について説明します。

理系の人で地理を選択した人にとっても役立つ情報を目指します。

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

 

 

高校地理でおすすめの参考書

『村瀬のゼロからわかる地理B』

『村瀬のゼロからわかる地理B』の画像
値段 約1,700円(系統地理編)
約1,700円(地誌編)
著者 村瀬哲史
出版社 学研プラス
出版年 2018年
もちおのおすすめ度 ★★★★★

 

迷ったらこれを選べばOKだと思います。

センター試験(共通テスト)対策・二次試験対策のベースとなる知識・考え方を解説してくれている良書。

 

「学校の定期テスト対策をしたい」「センター試験の地理対策をしたい」「私大・国公立の地理対策をしたい」という全ての思いに応えてくれます。

 

『村瀬のゼロからわかる地理B』の画像

「なんでそうなるのか」の説明が丁寧で、良い意味で親切すぎる参考書です。

「階段をひとつずつのぼるように」説明してくれるんです。

 

『村瀬のゼロからわかる地理B』の画像

イラスト・図・表もわかりやすい。

 

僕が高校生だった頃は出版されていなかった本なので高校生の時に使ったわけではないのですが、僕が社会科教員になってから授業を作る時の参考にさせてもらいました。

 

 

『村瀬のゼロからわかる地理B』を東大卒の元社会科教員がレビュー
『村瀬のゼロからわかる地理B』を東大卒の元社会科教員がレビュー「『村瀬のゼロからわかる地理B』ってどんな参考書なのかな?評判いいかな?」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 『村瀬のゼロからわかる地理B』のレビュー(評価)・感想 について書きます。...

 

 

『権田地理B講義の実況中継』

値段 (上)約1,100円
(下)約1,100円
著者 権田雅幸、佐藤裕治
出版社 語学春秋社
出版年 1997年
もちおのおすすめ度 ★★★★☆

 

古い本なのですが、地理の考え方を学ぶことができる超おすすめの参考書です。

高校地理で必要な知識を網羅的に解説している参考書ではなく、高校地理で必要な考え方のエッセンスを解説している参考書って感じ。

 

僕はこの本に「地理は暗記じゃないぞ」ってことを教えてもらいました。

著者の権田さんが亡くなられたこともあって、もうほぼ絶版になりかけているっぽいので、在庫があるうちに早めに入手しておくことをおすすめします。

 

 

『地図と地名による地図攻略』

『地図と地名による地理攻略』レビュー:丸暗記から解放し教養を深める地図帳
値段 約1,700円
著者 権田雅幸
出版社 河合出版
出版年 2007年
もちおのおすすめ度 ★★★★★

 

さきほど紹介した権田さんの地図帳です。

地図帳はこれを使え!って感じ。

 

普通の地図帳だと、小さな都市や川の名前まで書いてあってごちゃごちゃしすぎていますが、

『地図と地名による地理攻略』レビュー:丸暗記から解放し教養を深める地図帳

『地図と地名による地理攻略』は、「必要な情報」だけ書かれているので、すっきりしていて勉強しやすいです。

 

『地図と地名による地理攻略』レビュー:丸暗記から解放し教養を深める地図帳

あと、普通の地図帳とはちがって解説付きの地図帳です。

 

いろんなことと結びつけながら地形や都市について理解できるので、暗記しやすくなります。外国に関する教養も深まる。

 

僕も受験生時代に愛用していました。

これは超おすすめ。

 

 

『地図と地名による地理攻略』レビュー:丸暗記から解放し教養を深める地図帳
『地図と地名による地理攻略』レビュー:丸暗記から解放し教養を深める地図帳地理を頑張りたい人 「『地図と地名による地理攻略(河合塾シリーズ)』っていう地図帳はどんな感じですか?」 こういった疑問に答えます。 東大卒で元教員の僕が、 ・受験生時代に愛用していた地図帳(参考書) をレビューします。...

 

 

『地理Bの点数が面白いほどとれる本』

値段 約1,800円
著者 瀬川聡
出版社 KADOKAWA
出版年 2020年
もちおのおすすめ度 ★★★☆☆

 

よく本屋で見るやつ。

すみません、正直に言ってこの参考書は使ったことが全くないのでなんとも言えません。

 

最初に紹介した『村瀬のゼロからわかる地理B』に対して「なんかいやだな」って思ったら、こっちを選べばOKだと思います。

 

 

『山岡の地理B教室』

値段 約1,200円
著者 山岡信幸
出版社 ナガセ
出版年 2001年
もちおのおすすめ度 ★★☆☆☆

 

これも結構売れている(いた?)参考書。

 

正直、出版年が昔すぎて「古い参考書」になってしまっているので、あえてこれを選ぶ必要はないと思います。

『村瀬のゼロからわかる地理B』も『地理Bの点数が面白いほどとれる本』もどっちもイヤだ!って人に残された最後の選択肢って感じ。

 

 

『データブック オブ・ザ・ワールド』

値段 約800円
著者 二宮書店編集部
出版社 二宮書店
出版年 毎年
もちおのおすすめ度 ★★★☆☆

 

高校地理を勉強する人にとって必需品。

地理を勉強するうえでデータを参照するのは必須なので、持っておかなきゃダメです。

 

って言っても、ぶっちゃけそんなに頻繁に見るわけではないんですけど、地理をマジメに勉強していると「○○のランキングってどんな感じなんだろ?」って思うことがわりとあるんですよね。

持ってないと不便。

 

 

『自然のしくみがわかる地理学入門』

値段 約2,000円
著者 水野一晴
出版社 ベレ出版
出版年 2015年
もちおのおすすめ度 ★★★☆☆

 

高校地理の参考書っていうよりは一般向けの本なのですが、「地理って面白いなあ」って思うきっかけになる本だと思ったので紹介します。

僕が社会科教員になってから授業を作る時の参考にさせてもらっていました。

 

「地理ってつまんない」って思っている人におすすめ。

 

 

『人間の営みがわかる地理学入門』

値段 約2,000円
著者 水野一晴
出版社 ベレ出版
出版年 2016年
もちおのおすすめ度 ★★★☆☆

 

ひとつ前で紹介した本の「人間の営み」バージョン。結構面白い。

 

 

『新詳 資料地理の研究』

『新詳 資料 地理の研究』の画像
値段 約1,000円
著者 帝国書院編集部
出版社 帝国書院
出版年 2019年
もちおのおすすめ度 ★★☆☆☆

 

「これ以上くわしい高校地理の参考書はない!」って感じの本。

 

地理受験生は「持っていて損をする」ことはないと思いますが、かといって「必須ではない」…という感じ。

「東大受験生におすすめ!」って言われたりもしているんですけど、ぶっちゃけ持ってなくても合格点には到達できます。

 

『新詳 資料 地理の研究』の画像

教員採用試験に向けて改めて「受験勉強」をした時に、いろんな地理の参考書を探したのですが、これほどくわしい解説が載っている地理の参考書を、他に見つけることができませんでした。

 

『新詳 資料 地理の研究』の画像

「問題演習をしながら、くわしく知りたい部分を調べるために辞書的に使う」のがおすすめ。

 

 

地理参考書の最高峰『地理の研究』を社会科の元教員がレビューする
地理参考書の最高峰『地理の研究』を社会科の元教員がレビューする「地理のくわしい参考書が欲しいんだけど、『地理の研究』ってどんな感じかな」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では 『新詳 資料 地理の研究』 という本のレビュー(評価)をします。...

 

 

高校地理でおすすめの問題集

『2021共通テスト総合問題集 地理B』

値段 約1,200円
著者 河合塾地理科
出版社 河合出版
出版年 2020年
もちおのおすすめ度 ★★★★★

 

1冊で地理の全範囲をカバーするように構成されているので、知識をまんべんなく身につけることができる問題集。

 

地理の問題集はセンター試験(共通テスト)用の問題集をやっておけばOKだと思っています。

 

解説をよく読めば、論述のネタも吸収できます。

 

いろんな予備校が出版している問題集をやったのですが、河合塾が出版しているセンター試験用の問題集(今は共通テストだけど)が質が高い印象でした。

おすすめ。

 

 

『実力をつける地理100題』

『Z会 実力をつける地理100題』の画像
値段 約1,400円
著者 Z会出版編集部
出版社 Z会
出版年 2010年
もちおのおすすめ度 ★★★★☆

 

網羅的に地理の基礎知識を確認することができる問題集。

 

『Z会 実力をつける地理100題』の画像

構成はこんな感じ。

  • 系統地理が50題(各項目5題ずつ)
  • 地誌が40題(各地域5題ずつ)
  • 実際の入試問題が10題(うち5題が論述問題)

 

「高校地理でしっかりとした実力をつけたいならこの問題集かなあ」といった感じ。

 

『Z会 実力をつける地理100題』の画像

「まあ確かに難しい問題もあるけど、細かすぎる知識が問われることはほぼない」って感じなので、地理対策をガッツリするなら必携の問題集と言えるかもです。

 

 

『Z会 実力をつける地理100題』レビュー:最高の地理問題集?【東大もOK】
『Z会 実力をつける地理100題』レビュー:最高の地理問題集?【東大もOK】「『Z会 実力をつける地理100題』ってどんな問題集?」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 『Z会 実力をつける地理100題』のレビュー(評価)・感想 について書きます。...

 

 

『地理B一問一答【完全版】』

値段 約1,100円
著者 山岡信幸
出版社 ナガセ
出版年 2020年
もちおのおすすめ度 ★★★☆☆

 

地理の一問一答問題集の定番。

 

すみません、使ったことないです。

ただ、一問一答の問題集がほしかったらこれを買っておけばOKだと思います。(結構売れているみたいなので)

 

 

『東大地理問題演習』

値段 約2,200円
著者 高橋和明
出版社 ナガセ
出版年 2010年
もちおのおすすめ度 ★★★☆☆

 

東大地理の論述対策をしたかった必需品!って感じの本。

二次試験で地理を使うわけではない人にとっては必要のない本でもあります。

 

解説は超充実していますけど、親切ではないので、そこは要注意です。

 

大学受験生の時にこの著者の授業を受けた経験があって、この問題集の元になっているだろうテキストをやり込んだ経験があるのですが、実際むちゃくちゃ力がつきました(入試本番で45点/60点満点を取った)

 

 

高校生におすすめの通信教育

【通信教育教材】高校生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説
【通信教育教材】高校生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説高校生(大学受験生)向けの通信教育教材っていくつかあるけど、それぞれどんな特徴があるんだろう? って気になったので、調べてみた。 すると、「あー、ここは同じだな」という部分と「ここは強みだなあ」という部分がなんとなくわかってきたので、 僕だったらこうやって選ぶ っていう100%僕個人の考えと それぞれの通信教育教材の特徴 についてまとめます。...

 

 

勉強に集中するためのグッズ

勉強集中グッズを東大模試1位を獲得した僕が紹介する【勉強サポートグッズ】
勉強集中グッズを東大模試1位を獲得した僕が紹介する【勉強サポートグッズ】本記事では、 勉強に集中するためのグッズ について説明をします。...

 

 

東大地理の参考書・問題集

僕が東大合格のために使った地理の参考書・問題集【地理歴史】
僕が東大合格のために使った地理の参考書・問題集【地理歴史】「東大合格のために使った地理の参考書・問題集が知りたい」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 東大地理のために僕が使った参考書・問題集 について説明をします。...

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!
ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!