小学生
PR

【スマイルゼミ小学生】メリットとデメリットは?中学受験できる?

mochio-school-mochioka-student
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

スマイルゼミの公式ページを見ると

「スマイルゼミのタブレットで学習すると効率的で便利だよ!」

って感じで機能面の優秀さがアピールされていますが、

僕はスマイルゼミの価値は次の点にあると思っています!

スマイルゼミの価値

  • 紙テキストがなく、タブレット1台に全てがまとまっている
  • なので、たくさんの教材を持ち運ぶ必要がなくなる
  • 専用タブレットは普通のタブレットとしても利用できる
モチオカ
モチオカ

誤解を恐れずに言うと、

「学習内容・やり方に独自性がある」というより、

「学習ツールの面で独自性がある」って感じ

スマイルゼミ(を運営するジャストシステム)が徹底しているのは、

教材はタブレット1台に全部詰め込んで他の教材は一切送らない

という点。かなり潔い。

「郵送費や人件費などの余計なコストはかけない!なるべく利益率を大きくする!」という会社の強い意志を感じます

しかし、だからこそ

スマイルゼミには

  • やる気・継続のサポート
  • 理解・定着のサポート

の面でやや弱点がある

という印象を受けます。

あまりサービス面で手厚いわけではないので、スマイルゼミは

  • 「学習教材がタブレットに全部詰まっていればそれで十分!」
  • 「わざわざ他の人にやる気を出させてもらわなくても大丈夫」
  • 「十分にやる気はある!志高く勉強できる!」

っていう合理的で自制心がある人向けの通信教育だと僕は思っています。

こちらをクリック

資料請求は無料!

以下、本記事では、こう思うようになった理由について説明させていただきます!

2024年度の小学1年生〜6年生向けです。

モチオカ
モチオカ
学習ブロガー
Profile
公立中→公立高→浪人→東大(教育学部)→東大院(教育学研究科)→中学教員→ブロガー

このブログでは、読者の皆様が自分に合う教材を見つけられるように、教材の特徴を中立な目線で紹介します!!

スマイルゼミ小学生コースの特徴

専用タブレット1台に全てが詰まっている

スマイルゼミは、専用タブレットonlyで学習するスタイルの通信教育です。

専用タブレットに配信された(=ダウンロードした)授業動画や問題や解説アニメーションを使って勉強します。

※事前にデータをダウンロードしておくことで、Wi-Fi環境がない外出先でも学習可能

タブレットしか使わない通信教育なので、

「紙テキストとシャーペンで勉強したい!タブレットはいらない!」っていう場合はスマイルゼミは非推奨です。

「紙テキストも使いたい!」っていう人は進研ゼミがおすすめです。

他の通信教育についてはこちら

3〜5教科セットでの受講

  • 小1〜小2:国語・算数・英語
  • 小3〜小6:国語・算数・英語・理科・社会

1教科ずつの受講はできません

1教科だけ受講したい人はZ会がおすすめです。

他の通信教育についてはこちら

おすすめな人

  • タブレットで勉強したい!
  • 余計な機能はいらない!タブレットで勉強できればそれでOK!
  • 全教科の勉強をしたい!定期テスト対策をしたい!
  • モノはなるべく増やしたくない!家が散らからないようにしたい!

っていう人

利用の仕方に関しては、

スマイルゼミのタブレットでは中学の学習内容の基本的な部分を学び、

発展的な内容や演習は市販の参考書や問題集でやる

って割り切るのがいいんじゃないかなーと思います。

一覧性が低いタブレットだけで勉強するのは結構やりにくいと思うので…!

こちらをクリック

資料請求は無料!

スマイルゼミのメリット

専用タブレットだけで学習できる

スマイルゼミの教材はすべてタブレットに配信されるので、紙テキストや付録は届きません。

専用タブレット1台で小学校の勉強を全部できる通信教育!ってところが、スマイルゼミの独自性です。

進研ゼミも全教科セットで受講できる通信教育ですが、進研ゼミは紙テキスト・付録も届きます。
Z会にもタブレットのみで勉強するコースがあります(1教科ずつ受講できる)。

紙テキストが届かないので、モノが増えて家が散らかる!ってことを防ぐことができます

最大のメリットはたぶんこれ。

こちらをクリック

資料請求は無料!

たくさんの教材を持ち運ぶ負担が軽くなる

すべての教材がタブレット1台に詰まっているので、

教科書やら問題集やら、たくさんの教材を持ち運ぶ必要がなくなります

荷物が軽くなるのはかなりありがたい!

専用タブレットは通常のタブレットとしても使える

スマイルゼミの専用タブレットは通常のタブレットPCとして利用できます

スマイルゼミモードスマイルゼミの学習を行うモード
Androidモード通常のタブレットPCとして利用できるモード

※保護者が「みまもるネット」から設定することができる。

インターネットの利用制限をかけることもできるので、

意図しないところで子供がタブレットで遊んだり変なサイトを見たりする心配はありません。

また、退会後にタブレットを返却する必要はありません。

こちらをクリック

資料請求は無料!

やる気・継続のサポート

勉強するとアプリで遊べる時間が増える

スマイルゼミでは、講座を修了するごとにポイントが与えられます。

貯まったポイントはアプリで遊べる時間に交換できます。

つまり勉強すればするほど、ご褒美としてタブレットで息抜きができるということ!

モチオカ
モチオカ

「”ご褒美(報酬)”は、やる気アップにある程度有効である」

ということが心理学の研究からわかっています!

やる気(モチベーション)のことを、心理学の世界では「動機づけ」と言います。

動機づけの種類は2種類。外発的動機づけ内発的動機づけ

外発的動機づけ

報酬が得られるからやっているだけなんだよね〜…

  • (例)ゲームを買ってもらうために勉強する!
  • (例)頑張ったら褒められるから勉強する!
  • (例)やらないと怒られるから勉強する…

内発的動機づけ

=何か報酬を得ようとしているわけではなく、活動そのものが楽しいからやる!!

  • (例)楽しいから勉強する!
  • (例)良い成績をとりたいから勉強する!
  • (例)志望校に行きたいから勉強する!

※「良い成績をとりたい」「志望校に行きたい」っていうのは、良い結果を求めているという意味で外発的に動機づけられているっぽく見えますが、

褒められたり何かを買ってもらったりっていうご褒美がなくても頑張るはずだ、という意味で内発的に動機づけられているとも言えます。内発的と外発的の中間って感じ

活動そのものを楽しんでいる内発的動機づけの方が理想的だとされていますが、

心理学の研究から、

内発的動機づけがなされていない時に

報酬が与えられると、

やる気がアップする

こともわかっています。

つまり、

子供が勉強にやる気を出す上で、スマイルゼミの「ポイントでAndroidモード」の仕組みが役に立つかも!ってことです。

外発的動機づけ(報酬)できっかけを作りつつ

→子供の心の内側からモチベーションが湧いてくるのを待つ(祈る)

って感じ。

ただ、休憩時にスマホのような電子機器は使わない方がいいという研究結果もあるので、

この仕組みが本当にいいものなのか?はちょっと疑問が残ります。。

こちらをクリック

資料請求は無料!

学習プラン作り

専用タブレットが、全国の小学生の学習データ、自分の学習状況、自分の性格・特徴に応じて

「今日はこれをやるといいよ!」ってのを提案してくれたり、

自分に合う学習リズムを提案してくれたりします

ちなみに、通学している小学校の名前を選択すれば、

その小学校が採用している教科書が自動で選択され、その教科書にそった適切な教材が配信されます。

モチオカ
モチオカ

この学習プラン・おすすめ学習内容を参考にしつつ自分で計画を立てれば、

「自分で決めた」ことによるモチベーションアップが期待できそう

さっきの報酬(ご褒美)は外発的動機づけの話でしたが、

外発的動機づけから内発的動機づけに移行するにはどうしたらいいのか?

についても、心理学者が研究をしてくれています。

有名なのがライアンとデシという心理学者が考えた「自己決定理論」。

3つの欲求が満たされることでやる気が出る

自律性

=自分の行動を自分で決めたい!

(例)コーチにスポーツの練習内容を全て強制されるよりも、自分で考えた方がやる気が出る

有能感

=自分はできるって思いたい!

(例)失敗がずっと続くよりも、「うまくできた!」っていう体験が多い方が達成感があってやる気が出る

関係性

=他者とつながりたい!

(例)自分が何かをしようとしている時に、誰も興味がなかったり周りの人のためにならなかったりする状態よりも、周りの人に応援されていたり誰かのためになったりする状態の方がやる気が出る

最初は報酬(ご褒美)によってやる気が出ただけだったとしても、

勉強をする中で自律性・有能感・関係性の欲求が満たされていくと、

だんだんと「勉強自体が楽しい!」っていう内発的動機づけ状態に移っていくわけです。

この自己決定理論を踏まえると、

勉強内容はできるだけ自分で決めた方がいいってことになります。(自律性=自分の行動を自分で決めたい!)

ただ、とはいっても、

「サポートを一切受けずに全部自分で決めるべき」っていうことではありません。

必要に応じてサポートを求めることも自律性。

「自分で勉強計画を立てよう」って言われてもいきなりは難しい中学生にとって、スマイルゼミのタブレットによる学習プラン作りはかなり役立つはず!

こちらをクリック

資料請求は無料!

小1〜中3までの内容を学習できる

2022年にサービス開始10周年を記念して無学年学習「コアトレ」というサービスが追加されました。

無学年学習(コアトレ)

  • 学力の基礎(体幹:コア)を鍛える
  • 教科は算数(数学)と国語
  • 小1〜中3まで学年を超えて学べる
  • スモールステップで学べる

先取り学習をすることも、さかのぼり学習をすることもできます!

追加料金が必要な発展クラスの場合、よりハイレベルな学習をすることもできます。

Q
発展クラスの料金はこちら

小1(発展クラス)

12か月分一括払い月額3,828円
6ヶ月分一括払い月額4,378円
毎月払い月額5,038円

小2(発展クラス)

12か月分一括払い月額4,400円
6ヶ月分一括払い月額4,950円
毎月払い月額5,610円

小3(発展クラス)

12か月分一括払い月額5,170円
6ヶ月分一括払い月額5,720円
毎月払い月額6,380円

小4(発展クラス)

12か月分一括払い月額5,830円
6ヶ月分一括払い月額6,380円
毎月払い月額7,040円

小5(発展クラス)

12か月分一括払い月額6,710円
6ヶ月分一括払い月額7,260円
毎月払い月額7,920円

小6(発展クラス)

12か月分一括払い月額7,260円
6ヶ月分一括払い月額7,810円
毎月払い月額8,470円

※税込
※入会金・退会金0円
※一括払いの方が退会する場合は、受講月数に応じて受講費を計算し直し、残金が返金される

モチオカ
モチオカ

これも「自分で(何をやるか)決められる」仕組み

さかのぼって学習して苦手を克服したり先取り学習したりすることで「できる」を増やすこともできます!(→有能感)

Q
(再掲) 自己決定理論

外発的動機づけから内発的動機づけに移行するにはどうしたらいいのか?

についても、心理学者が研究をしてくれています。

有名なのがライアンとデシという心理学者が考えた「自己決定理論」。

3つの欲求が満たされることでやる気が出る

自律性

=自分の行動を自分で決めたい!

(例)コーチにスポーツの練習内容を全て強制されるよりも、自分で考えた方がやる気が出る

有能感

=自分はできるって思いたい!

(例)失敗がずっと続くよりも、「うまくできた!」っていう体験が多い方が達成感があってやる気が出る

関係性

=他者とつながりたい!

(例)自分が何かをしようとしている時に、誰も興味がなかったり周りの人のためにならなかったりする状態よりも、周りの人に応援されていたり誰かのためになったりする状態の方がやる気が出る

こちらをクリック

資料請求は無料!

解き直しによって「できる」を増やせる

間違えた問題だけ解き直すこともできます。

モチオカ
モチオカ

「できるようになった!」っていう体験を重ねることで、

やる気がどんどんアップしていくことが期待できます

有能感を抱く(=自分はできるって思う)→やる気がアップする

ってのが人間なので、解き直ししやすいスマイルゼミの仕組みはかなり役立ちそう!

こちらをクリック

資料請求は無料!

理解・定着のサポート

ビジュアル教材

動画やアニメーションを使った勉強ができます。

モチオカ
モチオカ

文章だけでなくビジュアル教材も利用することで学びの効率が高まる

ということが心理学の研究からわかっています!

デュアルコーディング

=絵と言葉を組み合わせる

(例)歴史の教科書を読みながら、資料集の絵や図もチェックする

全国学力診断テスト

年3回、国語と算数で全国学力診断テストが実施されます。(長期休み)

追加受講費はかかりません。

モチオカ
モチオカ

これも学びの効率が高まる検索学習の仕組み

検索学習

=学んだ情報を思い出す

(例)学んだ内容を何も見ずにノートに書き出す

こちらをクリック

資料請求は無料!

保護者へのサポート

自動丸つけ

解答は自動で正誤判定されます。

「自分で丸つけしたくない」っていう小学生の代わりに保護者が・・・ってのが必要ありません。

あと、一問ずつ丸つけをしてくれてすぐにフィードバックが得られるのも「勉強がなかなか続かない…」っていう子供にはプラスに働くと思います。

保護者が子供をそっと見守れる

子供の学習状況をスマホなどからチェックできる機能もあります。

「ちゃんと勉強したの?」って聞いてケンカになる…っていう親子あるあるを防止できます。

スマホの専用アプリを使って子供とトークすることもできます。

こちらをクリック

資料請求は無料!

約2週間の全額返金保証サービスがある

スマイルゼミには、全額返金保証の制度があります(2週間)。

「申し込んでも、2週間以内だったら解約しても全額返金しますよ」っていう制度です。

つまり、実質的には2週間のお試しが可能ってこと。

試してみて、「これはイマイチだな」って思ったら解約することができます。

こちらをクリック

資料請求は無料!

スマイルゼミのデメリット

紙テキストがない

スマイルゼミの教材はすべてタブレットに配信されるので、紙テキストや付録は届きません

紙テキストに比べて、どうしてもタブレットは外や学校に持っていきにくいですよね。

破損する可能性があるし、学校で禁止されている可能性もあるので。

「紙テキストも使いたい!」っていう人は進研ゼミがおすすめです。

他の通信教育についてはこちら

こちらをクリック

資料請求は無料!

やる気・継続のサポートがやや弱い

努力賞制度なし

スマイルゼミには、進研ゼミにあるような

「レッスンに取り組むとポイントがたまって、そのポイントを好きなプレゼントと交換できる」という制度が用意されていません。

モチオカ
モチオカ

「”ご褒美(報酬)”は、やる気アップにある程度有効である」

ということが心理学の研究からわかっています!

やる気(モチベーション)のことを、心理学の世界では「動機づけ」と言います。

動機づけの種類は2種類。外発的動機づけ内発的動機づけ

外発的動機づけ

報酬が得られるからやっているだけなんだよね〜…

  • (例)ゲームを買ってもらうために勉強する!
  • (例)頑張ったら褒められるから勉強する!
  • (例)やらないと怒られるから勉強する…

内発的動機づけ

=何か報酬を得ようとしているわけではなく、活動そのものが楽しいからやる!!

  • (例)楽しいから勉強する!
  • (例)良い成績をとりたいから勉強する!
  • (例)志望校に行きたいから勉強する!

※「良い成績をとりたい」「志望校に行きたい」っていうのは、良い結果を求めているという意味で外発的に動機づけられているっぽく見えますが、

褒められたり何かを買ってもらったりっていうご褒美がなくても頑張るはずだ、という意味で内発的に動機づけられているとも言えます。内発的と外発的の中間って感じ

活動そのものを楽しんでいる内発的動機づけの方が理想的だとされていますが、

心理学の研究から、

内発的動機づけがなされていない時に

報酬が与えられると、

やる気がアップする

こともわかっています。

つまり、

子供が勉強にやる気を出す上で、努力賞制度は役に立つかも!ってことです。

外発的動機づけ(報酬)できっかけを作りつつ

→子供の心の内側からモチベーションが湧いてくるのを待つ(祈る)

って感じ。

スマイルゼミには外発的動機づけの仕組みがないので、

最初からある程度やる気がある人向けの通信教育と言えるかなと思います。

こちらをクリック

資料請求は無料!

通常プランでは難易度の選択はできない

学習状況に応じて、タブレットが最適な学習プランと教材を提供してくれます。

その関係で、難易度選択を自分ですることはできません

モチオカ
モチオカ

「やる気アップのためには”自分で決める”ことが大切だ」

と言われています!

Q
(再掲) 自己決定理論

外発的動機づけから内発的動機づけに移行するにはどうしたらいいのか?

についても、心理学者が研究をしてくれています。

有名なのがライアンとデシという心理学者が考えた「自己決定理論」。

3つの欲求が満たされることでやる気が出る

自律性

=自分の行動を自分で決めたい!

(例)コーチにスポーツの練習内容を全て強制されるよりも、自分で考えた方がやる気が出る

有能感

=自分はできるって思いたい!

(例)失敗がずっと続くよりも、「うまくできた!」っていう体験が多い方が達成感があってやる気が出る

関係性

=他者とつながりたい!

(例)自分が何かをしようとしている時に、誰も興味がなかったり周りの人のためにならなかったりする状態よりも、周りの人に応援されていたり誰かのためになったりする状態の方がやる気が出る

スマイルゼミには「難易度を自分で決める」という仕組みがないので、

モチベーションアップの面でやや不安があります。

自動選択のおかげで「自分に合わないレベルを選んでしまった」というミスを防げるので、一長一短かなとは思います

発展クラスの選択は有料

「発展クラス」という勉強が得意な人向けのコースもありますが、

追加料金がかかります

Q
発展クラスの料金はこちら

小1(発展クラス)

12か月分一括払い月額3,828円
6ヶ月分一括払い月額4,378円
毎月払い月額5,038円

小2(発展クラス)

12か月分一括払い月額4,400円
6ヶ月分一括払い月額4,950円
毎月払い月額5,610円

小3(発展クラス)

12か月分一括払い月額5,170円
6ヶ月分一括払い月額5,720円
毎月払い月額6,380円

小4(発展クラス)

12か月分一括払い月額5,830円
6ヶ月分一括払い月額6,380円
毎月払い月額7,040円

小5(発展クラス)

12か月分一括払い月額6,710円
6ヶ月分一括払い月額7,260円
毎月払い月額7,920円

小6(発展クラス)

12か月分一括払い月額7,260円
6ヶ月分一括払い月額7,810円
毎月払い月額8,470円

※税込
※入会金・退会金0円
※一括払いの方が退会する場合は、受講月数に応じて受講費を計算し直し、残金が返金される

こちらをクリック

資料請求は無料!

理解・定着のサポートがやや弱い

質問できない

スマイルゼミには、わからないところを質問できるサービスがありません

「質問できる方が安心!」っていう人は進研ゼミZ会がおすすめです。

他の通信教育についてはこちら

モチオカ
モチオカ

「なんで?」「どういうこと?」って質問して自分で答えを探すことで学びの効率が高まる

ということが心理学の研究からわかっています!

僕たち人間が「学習」する時には、

  • 知識のネットワークを作る
  • すでに持っている知識とつなげる

ということが行われています。

学ぶとは?

①ばらばらであった一つ一つの知識のつながり・構造を整理する【構造化】

→②つながり・構造を理解する【理解】

では具体的にどのように勉強したらいいのか?

さまざまな研究によると、効果的な方法がいくつかあるらしいです!

精緻的質問

=「なんで?」「どういうこと?」って質問して自分で答えを探す

(例)「なんで日本は地震が多いんだろう?」→「ってことは、この国も地震が多いのかな?」→「地震が少ない国の建物はどうなっているんだろう?」→・・・

疑問を抱いた時に自分で答えを考えたり探したりせず、すぐに質問サービスに頼るのはちょっと微妙な気がしますが、

行き詰まらないように質問サービスが用意されているのはかなりありがたいです!

が、スマイルゼミには質問サービスが用意されていません

こちらをクリック

資料請求は無料!

添削指導がない

スマイルゼミでは、添削指導のサービスは提供されていません

添削指導を利用したい人は進研ゼミZ会がおすすめです。

他の通信教育についてはこちら

モチオカ
モチオカ

思い出す+自分の言葉で説明する

ことで学びの効率が高まります!

よりよく記憶できる学習方法に関しても、心理学者がたくさんの実験・研究をしてくれています。

検索学習

=学んだ情報を思い出す

(例)学んだ内容を何も見ずにノートに書き出す

添削指導があることにより、

負荷がかかって避けがちな「学んだ内容を思い出す(試す)勉強法」を実行しやすくなりますが、

スマイルゼミには添削指導がありません。

「学んだ内容を思い出す(試す)勉強法」を強制される機会は他と比べて少ないです。

とはいっても他の通信教育の添削指導は たいてい月に1回程度。そんなに回数は多くありません。

それに検索学習の機会は自分でいくらでも作れるので、

添削指導がなくても、自分でできる人にとっては全く問題ないと思います!

こちらをクリック

資料請求は無料!

料金はやや高い

進研ゼミZ会と比べてやや割高。

小1(標準クラス

12か月分一括払い月額3,278円
6ヶ月分一括払い月額3,718円
毎月払い月額4,268円

小2(標準クラス

12か月分一括払い月額3,520円
6ヶ月分一括払い月額3,960円
毎月払い月額4,510円

小3(標準クラス

12か月分一括払い月額4,180円
6ヶ月分一括払い月額4,620円
毎月払い月額5,170円

小4(標準クラス

12か月分一括払い月額4,840円
6ヶ月分一括払い月額5,280円
毎月払い月額5,830円

小5(標準クラス

12か月分一括払い月額5,720円
6ヶ月分一括払い月額6,160円
毎月払い月額6,710円

小6(標準クラス

12か月分一括払い月額6,270円
6ヶ月分一括払い月額6,710円
毎月払い月額7,260円

※税込
※入会金・退会金0円
※一括払いの方が退会する場合は、受講月数に応じて受講費を計算し直し、残金が返金される
※専用タブレット代:10,978円

Q
発展クラスの料金はこちら

小1(発展クラス)

12か月分一括払い月額3,828円
6ヶ月分一括払い月額4,378円
毎月払い月額5,038円

小2(発展クラス)

12か月分一括払い月額4,400円
6ヶ月分一括払い月額4,950円
毎月払い月額5,610円

小3(発展クラス)

12か月分一括払い月額5,170円
6ヶ月分一括払い月額5,720円
毎月払い月額6,380円

小4(発展クラス)

12か月分一括払い月額5,830円
6ヶ月分一括払い月額6,380円
毎月払い月額7,040円

小5(発展クラス)

12か月分一括払い月額6,710円
6ヶ月分一括払い月額7,260円
毎月払い月額7,920円

小6(発展クラス)

12か月分一括払い月額7,260円
6ヶ月分一括払い月額7,810円
毎月払い月額8,470円

※税込
※入会金・退会金0円
※一括払いの方が退会する場合は、受講月数に応じて受講費を計算し直し、残金が返金される

専用タブレットの価格も少し高めです。

1台目

  • 10,978円(税込)

2台目

  • 43,780円(税込)

ただし、「あんしんサポートパック」(1ヶ月あたり330円)に入ると、2台目の負担額が6,600円で済む

こちらをクリック

資料請求は無料!

他の通信教育との違い

進研ゼミとの違い

チャレンジタッチとスマイルゼミはどっちがいい?【小学生】

Z会との違い

スマイルゼミとZ会はどっちがいい?【小学生】

スタディサプリとの違い

スマイルゼミだけで高校受験できる?

準備中

大事なのは取り組み方

準備中

まとめ

スマイルゼミの公式ページを見ると

「スマイルゼミのタブレットで学習すると効率的で便利だよ!」

って感じで機能面の優秀さがアピールされていますが、

僕はスマイルゼミの価値は次の点にあると思っています!

スマイルゼミの価値

  • 紙テキストがなく、タブレット1台に全てがまとまっている
  • なので、たくさんの教材を持ち運ぶ必要がなくなる
  • 専用タブレットは普通のタブレットとしても利用できる
モチオカ
モチオカ

誤解を恐れずに言うと、

「学習内容・やり方に独自性がある」というより、

「学習ツールの面で独自性がある」って感じ

スマイルゼミ(を運営するジャストシステム)が徹底しているのは、

教材はタブレット1台に全部詰め込んで他の教材は一切送らない

という点。かなり潔い。

「郵送費や人件費などの余計なコストはかけない!なるべく利益率を大きくする!」という会社の強い意志を感じます

しかし、だからこそ

スマイルゼミには

  • やる気・継続のサポート
  • 理解・定着のサポート

の面でやや弱点がある

という印象を受けます。

あまりサービス面で手厚いわけではないので、スマイルゼミは

  • 「学習教材がタブレットに全部詰まっていればそれで十分!」
  • 「わざわざ他の人にやる気を出させてもらわなくても大丈夫」
  • 「十分にやる気はある!志高く勉強できる!」

っていう合理的で自制心がある人向けの通信教育だと僕は思っています。

スマイルゼミの資料請求・申込みはこちら

こちらをクリック

資料請求は無料!

他の通信教育についてはこちら

進研ゼミ

進研ゼミ小学講座は意味ない?チャレンジと科学的エビデンスとの関係

チャレンジ1・2年生

チャレンジ3・4年生

チャレンジ5・6年生

自分のペースで勉強したい人・大人にサポートしてほしい人へ

「勉強が嫌いだからスマイルゼミはハードルが高そう…」っていう人は、無学年式オンライン教材すららを検討してみるのもありです!

くわしくはこちらの記事で↓

「すらら」(無学年式オンライン教材)のメリットとデメリット

ABOUT ME
モチオカ
モチオカ
学習ブロガー
公立中→公立高→浪人→東大(教育学部)→東大院(教育学研究科)→中学教員→ブロガー

このブログでは、読者の皆様が自分に合う教材を見つけられるように、教材の特徴を中立な目線で紹介します!!
記事URLをコピーしました