【勉強】

タブレット学習に効果はある?東大卒元教員の感想【メリット・デメリット】

チャレンジパッドNeoの画像最近の通信教育の流行りはタブレット学習。

進研ゼミ、スマイルゼミ、Z会などなど、小学生・中学生向けの通信教育で「タブレットに配信された教材を使って学習するスタイル」が推されています

 

もちお
もちお
かくいう僕も昔からタブレット学習肯定派。とはいえ学生時代にタブレットを使った通信教育を実際に受けたわけじゃないので、「タブレット学習ってホントのところ、どーなの?効果はあるの?」ってずっと疑問でした。

 

んで、なんと進研ゼミを運営しているベネッセさんからタブレットをお借りすることができたので、実際にタブレット学習をやってみた感想をまとめようと思います。

 

本記事の内容

タブレット学習に効果はあるのか?

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は元社会科教員

ざっくりと学校の勉強の経歴(?)を書くと、こんな感じ。

  • 小学生の時は偏差値40台だったけど、「学年で10位以内に入ったら携帯電話を買ってあげる」という親の甘い言葉で火がつき、猛勉強。その結果、
  • 中学生では、塾に行かずに学年1位
  • 高校では、学年で1ケタの順位をキープ
  • 東大文科三類不合格
  • 浪人(Oh…)
  • 東大模試で文科三類1位
  • 東大に合格

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

 

タブレット学習の効果(メリット)

学習にスムーズに入れる

チャレンジパッドNeoの画像

進研ゼミのチャレンジパッドNeoの画像

子供の学力・学習状況に合わせた学習内容を表示してくれて、ボタンを押せばすぐに勉強をスタートできる

という点が、タブレット学習の最大のメリットだと思いました。

 

紙テキストだと

勉強するぞ!

→どの範囲の勉強をするかを考える

→教科書の該当ページを探す

→勉強スタート!

って感じで「勉強するぞ!」から「勉強スタート!」までのタイムラグが結構あるんですよね。でも、チャレンジパッドNeoだとそのタイムラグがほぼありません。

 

勉強ってスタートできるかどうかが勝負なので、タブレットを使うことで勉強開始までのハードルがぐっと下がるのはかなり良さげだなと思いました。

 

 

テンポよく勉強できる

チャレンジパッドNeoの画像

進研ゼミのチャレンジパッドNeoの画像

ボタンをポチポチ押せば問題・解説が素早く表示されるので、テンポよく勉強できます。

 

サクサク進められるので、「勉強をやってる感」が出ます。良くも悪くも(※記事の後半でまた触れます)。なので、勉強が苦手な子供でも「勉強をやってる感」を感じることができるはず。

 

 

動画で学習できる

進研ゼミのチャレンジパッドNeoの画像

動画やアニメーションを使って視覚的に学習できるのも良いところ。

紙テキストだとどうしてもイメージしにくい内容でも、動画やアニメーションを使うことで理解しやすくなります。

 

また、自分でテキストの文章を読むのに比べて、動画学習は受身でいられます(良くも悪くも)。部活の後とかでちょっと疲れている時でも、動画を流すことで勉強しやすくなると思います。

あと、タブレットで見られる動画は短めに(30秒〜10分程度の長さで)作成されていることが多いので、何度も繰り返し見よう!って思えるんですよね。反復して学習する習慣がつきそう

 

 

間違った問題を再挑戦しやすい

チャレンジパッドNeoの画像

進研ゼミのチャレンジパッドNeoの画像

タブレットは学習履歴をデータとして保存することができるので、過去に間違った問題だけを抜き取って学習することができます。

これは紙テキストにはない強み。間違った問題に再挑戦しやすいので、知識が定着しやすくなるはずです。

 

 

保護者が学習状況を確認できる

チャレンジパッドNeoの画像

※進研ゼミの画像

タブレットは学習履歴をデータとして保存することができるので、保護者に学習履歴を報告することもできます。

子供からしたら迷惑な機能ですがw、保護者にとっては「ちゃんと勉強してるのかな…」っていう不安を解消してくれるありがたい機能です。

 

チャレンジパッドNeoの画像
【2021年度の中学1年生】進研ゼミの新タブレット(チャレンジパッドNeo)の良いところ【sponsored】前半の記事です。チャレンジパッドNeoの注意点については後半の記事で。...

 

 

タブレット学習の注意点(デメリット)

チャレンジパッドNeoの画像

ここまでまとめたように、”タブレットならでは”の良さはたくさんあります。

 

んが!

「タブレット学習で肝心の成績は伸びるの?」っていう疑問を抱くのも無理ないな…って思うこともありました。

 

ということで、ここからはタブレット学習の注意点(デメリット)についてです。

 

 

どんどん次に進みたくなる

チャレンジパッドNeoの画像

「勉強をやってる感」は出るけど、「内容は頭に入ってない!」が起きる可能性があります。

というのも、ボタンをポチポチ押せば問題・解説が素早く表示されてテンポよく勉強できる分、子供が解説をじっくり読まないでどんどん次に進んでしまう恐れがあるから。

 

もちお
もちお
実際にタブレットを使ってみて、ついつい「次へ」ボタンをすぐに押したくなる…ってことがわかりました。かなり充実した解説を表示してくれているのに、です。

 

チャレンジパッドNeoの画像

タブレットは悪くない。人間が「次へ」ボタンの誘惑に負けてしまうんです。んで、たいして読まずにすぐに「次へ」ボタンを押してしまうと、「勉強をやってる感」は出るけど、内容が咀嚼されて頭の中に入っていく感じがしない

 

もちお
もちお
ここは要注意。

 

なので、悪い意味でテンポよく勉強を進めてしまうことがないように、タブレットの横にノートを置いて、つどつど解説をメモするようにすると良いかもしれません。ノートを作れば、学習の成果が形にも残りますしね。(→学校にも持って行ける)

 

 

全体像が見えにくい

チャレンジパッドNeoの画像

タブレットだと、「いま自分は全体の中のこの部分の勉強をしているんだな」ってのがパッと見わかりにくいです。

というのも、タブレットが「今日はここをやりましょう!」って(良くも悪くも)学習内容を提示してくれるから。

 

学力を定着させるには、教科の全体像を把握して「いま自分はどの部分の勉強をしているのか?」を確認することが必要(だと思う)

紙テキストだと、「あー、今はこの部分の勉強をしているのか」ってわかりやすいですよね。ページ数がわかるしページをめくれば前後の内容がわかるので。でも、タブレットだとページ数はわからないしページをめくったりもできないので、「今、教科書のここをやってるんだな」ってのがわかりにくいです。

 

もちお
もちお
ここは要注意。

 

チャレンジパッドNeoの画像迷子にならないようにするために、タブレットがおすすめしてくれたレッスンだけをやるのではなく、定期的に一覧表示ボタンを押して「あー、今はここをやってるのか!」って確認することをおすすめします。おそらく学習内容を一覧表示できる機能があるはずなので(進研ゼミのタブレットにはあった)

チャレンジパッドNeoの画像

 

チャレンジパッドNeoの画像
【2021年度の中学1年生】進研ゼミの新タブレット(チャレンジパッドNeo)の注意点【sponsored】後半の記事です。チャレンジパッドNeoの良いところについては前半の記事で。...

 

 

総評

チャレンジパッドNeoの画像

タブレット学習は、

  • 勉強を「やってる感」だけ出て、あまり頭に入らない可能性がある
  • 勉強の全体像が見えにくい

という注意点・デメリットがありますが、

 

とはいえ、

やっぱりタブレット学習って結構いいんじゃない!?

ってのが僕の総評です。

 

チャレンジパッドNeoの画像

というのも、タブレットを使うことで

  • 学習にスムーズに入れる
  • テンポよく勉強できる

という明確なメリットをが得られるから。

 

特に「学習にスムーズに入れる」ってのが大きいです。勉強するうえで一番の問題は、「何を勉強するか考えて、テキストを開いて…っていうハードルを乗り越えられずに勉強をまっっっっったくしない」ってやつですよね。

勉強量0が一番マズイ。そうならないために、勉強のスタートが一番肝心なんです。

 

んで、タブレットは勉強のスタートまでのハードルを低くしてくれるわけです。

 

 

チャレンジパッドNeoの画像

確かに「勉強をやってる感」だけ出てあまり頭に入らない…っていう可能性もゼロではないわけですが、もしそうなってしまったとしても勉強をまったくやらないよりは何百倍もマシです。

特に勉強が苦手な子供にとっては、「勉強をスタートした!」「勉強をたくさんやった!」っていう感覚を持たせることが大事ですよね。タブレットはその感覚を子供に持たせるサポートをしてくれる道具なんです。

 

 

成績をものすごく上げたいなら紙でもタブレットでも同じ

もし成績をものすごーーーく上げたい!って思うのであれば、もはやタブレットでも紙テキストでも関係ないはず。文章をじっくり読んで、内容をちゃんと咀嚼して、しっかりと理解することが成績を上げる上で最重要なので。

つまり、成績をものすごーーーく上げたい!と思っているのであれば、大事なのは「何を使うか?」ではなく、「どうやるか?」です。

 

 

タブレットを使う通信教育を紹介

中学

進研ゼミの画像①進研ゼミ ・専用タブレット+テキストで学習
・添削指導あり
※テキストだけのコースもある
スマイルゼミの画像②スマイルゼミ ・専用タブレットのみで学習
・添削指導なし
Z会中学生コースの画像③Z会 ・専用タブレット(or iPad)で学習
・1教科ずつの受講も可
・添削指導あり
※テキストだけのコースもある(添削は郵送)
スタディサプリの画像④スタディサプリ ・スマホ・タブレット・PC+紙テキストで学習
・小4~高3までの授業動画が見放題
・添削指導は個別指導コースのみ
・とにかく安い

 

進研ゼミの資料請求(中学)

◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

Z会の通信教育 資料請求

スタサプ

 

 

おすすめの通信教育まとめ

【おすすめ4選】中学生向けの通信教育を東大卒の元教員が比較する
【通信教育】中学生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説「中学生におすすめの通信教育について知りたい」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 中学生はどの通信教育を使うべきか? について、比較しながら説明をします。...
【通信教育教材】高校生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説
【通信教育教材】高校生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説高校生(大学受験生)向けの通信教育教材っていくつかあるけど、それぞれどんな特徴があるんだろう? って気になったので、調べてみた。 すると、「あー、ここは同じだな」という部分と「ここは強みだなあ」という部分がなんとなくわかってきたので、 僕だったらこうやって選ぶ っていう100%僕個人の考えと それぞれの通信教育教材の特徴 についてまとめます。...

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ
ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ