(地理)

地理の勉強法を元社会科教員が紹介する記事【中学生も高校生もOK】

地理の勉強法を元社会科教員が紹介する記事【中学生も高校生もOK】「地理ってどうやって勉強したらいいか分からない」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

地理の勉強って、どうやってやったらいいか分からなかったりしますよね。

 

やり方が分からないから、とりあえず教科書にマーカーをして赤シートで隠してひたすら暗記…

そうやって詰め込んだ知識をテストに全投入して、テストが終わったらサッパリ忘れる

 

あるある。

 

 

そこで本記事では、そんなあなたに対して

地球儀の画像地理の勉強法

について説明をします。

 

もちお
もちお
僕は、小学生の時は偏差値40台をとったりと、勉強が得意とは言えませんでした。

でも、中学最初のテストの時に「学年で10位以内に入ったら携帯電話を買ってあげる」という親の甘い言葉(ていうか、言わせたんだけど)で火がつき(笑)、本記事で紹介する勉強法を使って勉強した結果

中学生では、塾に行かずに学年1位

高校では、学年で1ケタの順位をキープ

浪人(あれ?)

東大模試で文科三類1位

東大に合格

となりました。

 

 

ちょっとは役に立つことがあるかもしれませんので、ぜひ記事の最後まで読んでもらえるとうれしいです。

 

では、説明します。

【地理の勉強法】そもそも地理って何だ

世界地図の画像まず、

そもそも地理ってどんな科目なのか?

です。

もちお
もちお
結構大事なので、読み飛ばさないでくださいよ。

 

 

ポイントは2つ

地理とは

  1. 「人間の活動と、フィールドがどのように関わっているか」を、
  2. 「いろんな角度から考える」科目

です。

 

くわしく説明します。

 

 

人間の活動と、フィールドがどのように関わっているか

農家の画像

地理は「社会科」の中にふくまれます。

で、その「社会科」とは何なのかというと、

社会科
人間の活動(による出来事)について学ぶ科目

です。

 

理科は自然環境(自然のしくみ)について学ぶ科目ですが、社会は人間について学ぶ科目なのです。

で、「人間の活動」について学ぶことで、より良い世の中を作ろう!…という感じ。

 

 

じゃあ、そんな「社会科」の中の「地理」はどんな科目なのかというと、

地理
人間の活動と、そのフィールド(舞台)がどう関わっているかについて学ぶ科目

なのです。

 

例えば、

北海道で稲作をしたい!(人間の活動)

でも、北海道は寒いから稲作はむずかしい(フィールドの特徴)

じゃあ、寒くてもできる酪農をやろう!(人間の活動)

という感じ。

 

 

いろんな角度から考える

『日本史の論点』レビュー:日本史の実力だけでなく思考力も伸びる参考書

ですが、これだけだと気候という角度からしか考えていないことになります。

 

北海道で酪農が行われるようになったのは、気候だけが理由なのでしょうか?

 

このように「いろんな角度から考える」というのが社会科(地理)の特徴です。

 

というのも、人間の活動って理由が一つとは限らないから。

例えば

もちおは、2020年4月15日に東京ディズニーランドに行く予定

ということに対して、いろんな角度から理由を考えることができます(金銭面、気候面、イベント面などなど)。

 

さきほどの、北海道で酪農が行われるようになった理由は、実は気候だけでなくて、歴史的な理由や他の地域との関係性の理由など、いろんな理由があるようなのです。

 

 

まとめ

このように、地理とは

  1. 「人間の活動と、フィールドがどのように関わっているか」を、
  2. 「いろんな角度から考える」科目

です。

このことを理解するのが、地理の勉強のスタートです。

 

では、ここからは地理の具体的な勉強法について説明します。

 

【地理の勉強法】オリジナル地図作成法

地理の勉強法の画像

1つ目は、オリジナル地図作成法です。

 

地理は、人間の活動とフィールドの関わりを学ぶ科目です。

①人間の活動の舞台となるフィールドはどんな特徴を持っているか?

(例)

  • 熱帯地域は、どんな特徴があるか
  • 南アメリカ大陸の気候、地形、文化

 

②ある現象がどのフィールドに広がっているか?

(例)

  • 熱帯地域は、地球上のどこにあるか
  • ポルトガル語を母国語とする地域は、どこか

 

地理はこのようなことを学ぶ科目なので、地図が不可欠です。

 

なので、オリジナル地図作成法を使って勉強します。

オリジナル地図作成法

地図に、学んだことを書き込んでいく勉強法

 

この方法を使うことで、人間の活動とフィールドを結びつけて理解することができる。

 

僕は、無料でダウンロードできる白地図を全地域の分、プリントアウトして、束ねました。(地図帳に書き込むのもありだと思う)

 

地理の勉強法の画像で、こんな感じで、勉強したことをその地域のところにどんどん書き込んでいきます。

学校の授業を受けながら、もしくは問題集を解きながら、「これは知らなかった」って思ったことは、白地図にそのつど書き込んでいく感じ。

地理の勉強法の画像そうすると、その地域の特徴が1枚の地図にまとまることになるので、知識があっちこっちいかずに整理できます。

もちお
もちお
個人的にかなりおすすめな勉強法で、たぶん地理の本質をとらえている勉強法だと思うので、ぜひ。

 

『地図と地名による地理攻略』レビュー:丸暗記から解放し教養を深める地図帳ちなみに、地図に書き込む際の手助けとして使える参考書が、『地図と地名による地理攻略』です。

 

地形や都市について、細かくなりすぎない程度に解説してくれる地図帳で、僕は大学受験の時に愛用していました。

 

教養も身につくのでおすすめです。

下記の記事でくわしくレビューしているので、よければご覧ください。

▶️『地図と地名による地理攻略』レビュー:丸暗記から解放し教養を深める地図帳

『地図と地名による地理攻略』レビュー:丸暗記から解放し教養を深める地図帳
『地図と地名による地理攻略』レビュー:丸暗記から解放し教養を深める地図帳地理を頑張りたい人 「『地図と地名による地理攻略(河合塾シリーズ)』っていう地図帳はどんな感じですか?」 こういった疑問に答えます。 東大卒で元教員の僕が、 ・受験生時代に愛用していた地図帳(参考書) をレビューします。...

 

【地理の勉強法】問題集でインプット法

地理の問題集の画像

2つ目は、問題集でインプット法です。

学校の授業や教科書で一通りざっくりと勉強したら、問題集を解きながら知識をさらにインプットしていきます(テーマごとでもOK)。

問題集でインプット法

問題集を解きながら、新たな知識をインプットしていく勉強法
(解説をしっかり読むべし)

 

この方法を使うことで、問題演習をしながら効率的に知識を吸収することができる。

 

地理って、教科書をひたすら読んでいてもよく分からなかったりするので、さっさと問題集をやった方が良いと思っています。

 

 

大学受験生であれば、センター試験の問題集を1冊しっかりとやるべし。

僕が受験生の頃は河合塾が出しているセンター試験の問題集がいい感じでした。(今どうなのかは分からないです)

 

 

高校受験生は、『全国高校入試問題正解 分野別過去問』が良いかな、と。

 

いきなり問題集とか無理だよー。分からない問題ばっかりだと思うし。

って思うかもしれませんが、むしろ分からない問題と出会うために問題集をやるので、早いうちからやっといた方がいいです。

 

『全国高校入試問題正解 分野別過去問』は分野別になっているので、取り組みやすいのでおすすめ。

 

問題集をやって、間違えた問題や「これはメモっておこう」っていうものに出会ったら、オリジナル地図にどんどん書き込んでいきましょう。

 

 

ざっくりと地理を学ぶためにおすすめの参考書はこちら。

中学生向け。

 

高校生向け。

 

【地理の勉強法】論述オリジナル解答作成法

地理の勉強法の画像

3つ目は、論述オリジナル解答作成法です。

問題集の論述問題だけでなく、自分なりに予想問題を作ったりして、その問題に対するオリジナル解答を作ります。

論述オリジナル解答作成法

論述問題に対して、絶対に満点だと思えるオリジナル解答を作ってノートにまとめる勉強法
(いろんな角度から考えるべし)

 

この方法を使うことで、論述問題対策になるだけでなく、いろんな角度から物事を考えるクセをつけることができる。

 

地理の勉強法の画像

例えば、

アフリカでの飢餓の背景(理由)は何か?

という問題があったとします。

この問題に対して、このようなオリジナル解答を作って、ノートにまとめます。

人口急増の中、内戦や干ばつによる農業の不振、砂漠化などによる農地不足、財政赤字による農地の整備の遅れにより食料供給が不足し、流通網や商品経済の未発達により食料配分が不均衡である。(89字)

もちお
もちお
大学受験生だった時の僕が実際に作ったオリジナル解答で、当時、「これだったら絶対満点だ!」と思って作りました(笑)

一応、いろんな角度から考えているつもりです。(供給面での問題と、配分面での問題)

 

 

地理の勉強法の画像こんな感じで、論述オリジナル解答作成法を使うと、論述問題対策にもなりますし、いろんな角度から物事を見る力や論述力もアップします。

やるのは大変だけど、力はつくのでおすすめです。

 

大学受験生向けの地理の論述問題集はこちら。

『大学入試 地理B論述問題が面白いほど解ける本』

 

『納得できる地理論述 (河合塾シリーズ)』

 

高校受験生向けの地理(社会)の論述問題集はこちら。

『中学受験 論述でおぼえる最強の社会』

 

どれも使ったことはないのですが、Amazonで探すとこれくらいしか出てこなかったので、この中から選ぶしかないかなと思います。

 

地理の勉強法のまとめ

以上、

地理の勉強法

について説明をしました。

 

まとめると、

地理とは

  • ①「人間の活動と、フィールドがどのように関わっているか」を、
  • ②「いろんな角度から考える」科目。

 

なので、

  • ①オリジナル地図作成法
  • ②問題集でインプット法
  • ③論述オリジナル解答作成法

をやってみるといいかも

となります。

 

ではでは、がんばりましょう。

 

もちお(@softenisuke)でした。

▶️【4種比較】中学生にオススメの通信教育を元教師が提案【高コスパはアレ】

【4種比較】中学生にオススメの通信教育を元教師が提案【高コスパはアレ】
【4種比較】中学生にオススメの通信教育を元教師が提案【高コスパはアレ】「中学生にオススメの通信教育って何?」 このブログ記事は、そう思う親(保護者)や中学生の方々に向けて書いています。 本記事では、中学生にオススメの通信教育を調べている人に向けて、 上記の4つの通信教育について、僕が2時間以上かけて調べて考えたこと を、10分以内で読める形にしてお届けします!...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスのメルマガ・個別アドバイスなど
よければどうぞ!
ソフトテニスのメルマガ・個別アドバイスなど
よければどうぞ!