Z会

【2022年度】Z会高校2年生講座(タブレット・テキストどっちがいい?)

 

Z会高校講座【高校2年生】についてまとめました!

 

望岡 慶
望岡 慶
通信教育について調べてまとめたブログ「もちおスクール」を運営しています。

このブログでは、読者の皆様が自分に合う教材を見つけられるように教材の特徴を中立な目線で紹介します!!

 

執筆者について

僕(もちお)は元社会科教員

ざっくりと学校の勉強の経歴(?)を書くと、こんな感じ

  • 小学生の時は偏差値40台だったけど、「学年で10位以内に入ったら携帯電話を買ってあげる」という親の言葉で火がつき、猛勉強。その結果、
  • 中学生では、塾に行かずに学年1位
  • 高校では、学年で1ケタの順位をキープ
  • 東大文科三類不合格
  • 浪人
  • 東大模試で文科三類1位
  • 東大に合格

 

2022年度の高校2年生向けです。

他学年の記事は、こちらのまとめ記事からご覧ください。

 

 

【2022年度】Z会高校講座(2年生)のコースは2つ

タブレットコース 主に専用タブレット(or iPad)で学ぶスタイル
テキストコース 主に紙のテキストで学ぶスタイル

 

 

対象レベル

Z会はやや難しめというか、勉強がそんなに苦手ではない人をターゲットにした通信教育です。

 

「勉強が大嫌い!」「勉強がものすごく苦手!」っていう人は進研ゼミがおすすめです。

 

いろんな通信教育を比較した記事はこちら↓

【高校生におすすめの通信教育】東大卒元教員が比較

 

 

タブレット・テキストどっちがいい?

Z会がおすすめしているのはタブレットコース(←機能がたくさんついている)

タブレットコースのメリット

  • 3年分の単元の学習内容がすべて公開されている(→自分のペースで勉強できる)
  • 自分に合った学習内容を提案してくれる
  • テキストコースよりも値段が安い

 

\ 公式ページはこちらをクリック /

【Z会の通信教育 高校生向けコース】

資料請求は無料!

 

 

ただ、「タブレットは嫌だ」「紙テキストとシャーペンで勉強したい」っていう人は、テキストコースを検討してみるのもありだと思います。

※3年分の学習内容すべてが公開されているわけではなく、学習順序を自分で変更することはできません。が、学習内容はタブレットコースと同じです。スマホを使って映像授業やAI速効トレーニング(→後述)に取り組むこともできます。

 

 

ここからはそれぞれのコース別に説明します!

 

【2022年度】Z会高校講座(2年生):タブレットコース

タブレットコース 主に専用タブレット(or iPad)で学ぶスタイル

 

 

タブレットは専用タブレットかiPad

タブレットはZ会専用タブレットかiPadを使います。

 

 

Z会専用タブレット(タッチペン付属)

Z会の学習だけでなく、インターネットの閲覧をすることもできます(Z会を退会後も返却せず、普通のタブレット端末として活用可能)

専用タブレットの初回購入価格:19,800円(税込)

 

※「高校生タブレットコース」で3講座以上を12カ月一括払いで受講した場合、専用タブレット料金が実質0円となります(支払金額の合計から19,800円割引される)

 

\ 公式ページはこちらをクリック /

【Z会の通信教育 高校生向けコース】

資料請求は無料!

 

 

Z会中学生タブレットコースは、手持ちのiPadで受講することも可能です。

おすすめのiPadはこちら

Z会中学生タブレットコースは、手持ちのiPadで受講することも可能です。

タッチペン(Apple Pencil等)は各自で購入する必要があります。

なるべく出費を抑えたい人向けの組み合わせ↓(iPad第9世代+Apple Pencil第1世代)

 

どうせならちょっと良いやつにしよう!っていう人向けの組み合わせ↓(iPad Air第4世代+Apple Pencil第2世代)

 

 

教科は5教科(1教科ずつの受講も可能)

教科は英語・数学・国語・物理・化学・生物・日本史・世界史・地理の9教科が基本。

※理科・地歴には、単元別学習の添削問題と、入試演習は付かない。

 

英語は、実社会で必要な英語力を鍛えるAsteriaという特別講座に変更することもできます

※ただ、「とりあえず定期テスト・大学受験対策!」っていう人はAsteriaに変更する必要はないと思います。

 

「小論文」という専科コースを追加受講することもできます(テキストコースのみ)。

 

 

タブレットコースのメリット

  • 3年分の単元の学習内容がすべて公開されている(→自分のペースで勉強できる)
  • 自分に合った学習内容を提案してくれる
  • テキストコースよりも値段が安い

 

 

3年分の学習内容がすべて公開されている

3年分の単元がすべて公開されていて自由にアクセスできます(オープンカリキュラム)。

どんどん先取り学習をすることもできるし、復習したい箇所に戻って勉強し直すこともできるということ。

※テキストコースにはない機能。

 

自分で学習したい順番に変更することもできるので、学校の授業の進め方に合わせた勉強がしやすいです(←特に理科・社会は学校によって順番があれこれ入れ替わったりしがちですが、この機能があれば安心)

 

 

\ 公式ページはこちらをクリック /

【Z会の通信教育 高校生向けコース】

資料請求は無料!

 

 

自分に合った学習内容を提案してくれる

自分の学習データとZ会利用者の学習データをもとに、自分の理解度に応じた学習内容を提案してくれます(AI速効トレーニング)

「何を勉強すればいいのかわからない!」って悩む必要がなさそう。

 

 

 

 

テキストコースよりも値段が安い

テキストコースよりも1教科あたり約1,000円安くなっています(→くわしい値段は後述)

 

 

\ 公式ページはこちらをクリック /

【Z会の通信教育 高校生向けコース】

資料請求は無料!

 

 

志望大のレベルに合わせた入試演習

志望大のレベルに合わせた入試演習問題が年4回届きます(4月、7月、8月、12月)

 

レベルは3つから選べます。

※入試本番を見すえて、タブレットコースでも紙の教材で届く

 

 

添削問題に取り組む前に、映像授業でポイントを確認することもできます(問題だけ出されて「はい、これ解いてね」って感じではない)

 

 

 

タブレットから質問もできる

Z会の教材に関する疑問はもちろん、学習計画や進路選択の悩みに答えてくれます。

※この機能は、テキストコースでも利用できます(→でも、いちいちスマホやタブレットを出さなきゃいけなくてちょっと面倒)。

 

 

実力テストが届く(英・数・国)

7月と12月の年2回、自宅で受験できる全国模試「実力テスト」(学年別)が届きます。

※入試本番を見すえて、タブレットコースでも紙の教材で届く

 

 

料金

 

\ 公式ページはこちらをクリック /

【Z会の通信教育 高校生向けコース】

資料請求は無料!

 

 

退会

手続締切日までに手続きをすれば、翌月から受講を変更・中止することができます。

※一括払いの方が受講期間中に中止する際は、受講会費を精算し、返金・請求が行われる。

 

専用タブレットを返却する必要はありません。退会後もインターネット閲覧の端末として利用できます。

 

 

まとめ

タブレットコースのメリット

  • 3年分の単元の学習内容がすべて公開されている(→自分のペースで勉強できる)
  • 自分に合った学習内容を提案してくれる
  • テキストコースよりも値段が安い

 

\ 公式ページはこちらをクリック /

【Z会の通信教育 高校生向けコース】

資料請求は無料!

 

 

【2022年度】Z会高校講座(2年生):テキストコース

3年分の学習内容すべてが公開されているわけではなく、学習順序を自分で変更することはできません

が、学習内容はタブレットコースと同じです。スマホを使って映像授業やAI速効トレーニング(→後述)に取り組むこともできます。

 

 

教科は5教科(1教科ずつの受講も可能)

教科は英語・数学・国語・物理・化学・生物・日本史・世界史・地理の9教科が基本。

※理科・地歴には、単元別学習の添削問題と、入試演習は付かない。

 

英語は、実社会で必要な英語力を鍛えるAsteriaという特別講座に変更することもできます

※ただ、「とりあえず定期テスト・大学受験対策!」っていう人はAsteriaに変更する必要はないと思います。

 

「小論文」という専科コースを追加受講することもできます。

 

\ 公式ページはこちらをクリック /

【Z会の通信教育 高校生向けコース】

資料請求は無料!

 

 

スマホでAI速効トレーニングに取り組める

タブレットコースに搭載されているAI速効トレーニングに、テキストコースの人でもスマホを使って取り組むことができます。

紙の教材の学習データを手動で登録することで、自分の学習データとZ会利用者の学習データをもとに、自分の理解度に応じた学習内容を提案してくれます。

 

 

手動で登録する手間はありますが、これを使えば「何を勉強すればいいのかわからない!」って悩む必要がなさそう。

 

 

志望大のレベルに合わせた入試演習

志望大のレベルに合わせた入試演習問題が年4回届きます(4月、7月、8月、12月)

 

レベルは3つから選べます。

 

 

添削問題に取り組む前に、映像授業でポイントを確認することもできます(問題だけ出されて「はい、これ解いてね」って感じではない)

 

\ 公式ページはこちらをクリック /

【Z会の通信教育 高校生向けコース】

資料請求は無料!

 

 

質問もできる

会員サイトMyPageの「教えてZ会!」というサービスから質問・相談をすることができます。

 

 

実力テストが届く(英・数・国)

7月と12月の年2回、自宅で受験できる全国模試「実力テスト」(学年別)が届きます。

 

 

料金

 

\ 公式ページはこちらをクリック /

【Z会の通信教育 高校生向けコース】

資料請求は無料!

 

 

退会

手続締切日までに手続きをすれば、翌月から受講を変更・中止することができます。

※一括払いの方が受講期間中に中止する際は、受講会費を精算し、返金・請求が行われる。

 

 

まとめ

テキストコースの特徴

  • 3年分の学習内容すべてが公開されているわけではない(→学習順序を自分で変更できない)
  • 学習内容はタブレットコースと同じ
  • スマホを使って映像授業やAI速効トレーニングに取り組める

 

Z会の資料請求・申し込みはこちら

\ 公式ページはこちらをクリック /

【Z会の通信教育 高校生向けコース】

資料請求は無料!

※お申込みの際には、最新情報を公式ホームページから確認ください。

 

他の通信教育についてまとめた記事はこちら

【通信教育】高校生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説他の通信教育比較サイトでは「これ、どう考えても報酬額の高さに応じて順位をつけているよなあ…(←サイト運営者が儲かることが一番の目的になっているなあ…)」っていう記事がありますが、 このブログでは、読者の皆様が自分に合う教材を見つけられるように、教材の特徴を中立の目線で紹介します!!...

 

教員の方へ

本を出版しました

「過去の僕のようになってほしくない」という思いを込めて、元教員の僕の具体的なノウハウをまとめた電子書籍を出版しました。

 

<目次>

  • はじめに
  • 第1章 長時間労働の理由
  • 第2章 生産性を意識する
  • 第3章 教員の仕事との向き合い方
  • 第4章 スケジュール管理・タスク管理
  • 第5章 作業環境を整える
  • 第6章 教室環境を整える
  • 第7章 メンタルを整える
  • おわりに

 

いろんなキンドル本が読み放題になるKindle Unlimited会員の方なら、無料でお読みいただけます!

なので、Kindle Unlimitedでお読みいただくのがおすすめです!

 

 

 

教育問題についての僕の意見

教育問題について考えたこと(別ブログ)

 

 

YouTubeもやっています

チャンネル登録お願いします(クリック)

 

社会科ブログも運営しています

また、社会科についてまとめたブログ「社会科マガジン」も運営しています。日本史などの教材研究にお役立てください。

社会科マガジン

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA