【勉強】

家庭教師か塾か?どっちがいい?についての僕の考え

家庭教師か塾か?どっちがいい?についての僕の考え

家庭教師と塾のどっちがいいのか?についての僕の考えを書きました。

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は元社会科教員

ざっくりと学校の勉強の経歴(?)を書くと、こんな感じ。

  • 小学生の時は偏差値40台だったけど、「学年で10位以内に入ったら携帯電話を買ってあげる」という親の甘い言葉で火がつき、猛勉強。その結果、
  • 中学生では、塾に行かずに学年1位
  • 高校では、学年で1ケタの順位をキープ
  • 東大文科三類不合格
  • 浪人(Oh…)
  • 東大模試で文科三類1位
  • 東大に合格

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

 

家庭教師か塾か?どっちがいい?

僕の結論はこれです↓

どっちでもいい。成績が伸びるかどうか?は本人次第だから。

ただ、成績が上がるか?という観点以外の部分で違い・特徴があるので、どういうスタイルで補助的な学習をしたいか?によって選ぶのが良いと思う!」

 

「…そりゃそうだけどさ〜」っていう結論を書いちゃって申し訳ないんですけど、でも実際、

「勉強する本人が学習内容を理解しようとしているかどうか?」が最も重要な要素であって、何を使ったとしても家庭教師でも通信教育でも塾でも)、本人が理解しようと本気で努力すれば成績は伸びるはずなんです。

 

学校の廊下の画像

だから「家庭教師と塾、どっちが成績が伸びるんだろう?」って悩むのはあんまり意味がない!ってのが僕の考えです。「家庭教師の方がいい!」「塾の方がいい!」って断言できるものではありません(断言しているとしたら、それはおそらくポジショントークです)

※ポジショントーク=自分の利益になるよう誘導するための発言。

 

あくまで、子供・保護者がどういうスタイルで補助的な学習をしたいと思っているか?(=自分の好き嫌い)に応じて選ぶべき。

 

 

ってことで、この記事では家庭教師と塾の比較をしつつ「こういうタイプの人は、こっちの方がいいのでは?」っていう提案をいくつかさせていただきます!

 

もちお
もちお
この記事を読んでくださっている方にピッタリ合う提案になっているかはわかりませんが、ちょっとでも選ぶ際の参考になれば幸いです!

 

※塾は個別指導塾と集団指導塾に分けて考えました。

 

 

家庭教師と個別指導塾を比較

まず、家庭教師と個別指導塾の共通点についてです。

 

共通点

教師との距離が近い

良くも悪くもですが、教師との距離が近いです。

その教師がすごく良い人で、子供・保護者にとって「一緒にいて楽しい!カンペキ!」っていう人ならやる気がアップして最高ですが、イマイチな人が担当になった場合、コミュニケーションが理由でモチベーションが下がるかもです。

 

 

相違点

次に、家庭教師と個別指導塾の違いについてです。

 

他の生徒と合わせる必要性

家庭教師の場合、他の生徒と一緒に勉強しなくて済みます。

友達に気を遣わなくて済むので「学校以外でも友達と合わせるのは面倒だわ」っていう人に向いているのが家庭教師です。

あと、誰かにイジワルされたりする恐れもありません

 

個別指導塾の場合、一対一ではなく教師1に対して生徒2〜4くらいになることが多いので、他の生徒のことを気遣う必要があります。また、塾の行き帰りで友達と一緒になることがあります(良くも悪くも)

 

  • 「他の生徒に気を遣うのは面倒!」→家庭教師
  • 「友達と一緒に通いたい!」→個別指導塾

 

 

気を抜ける瞬間

家庭教師の場合、教師とずっと一対一なので気を抜ける瞬間がほとんどありません

もちろん教師と仲が良ければリラックスできるとは思いますが、基本的にはボーッとはできません。

 

個別指導塾の場合、教師が他の生徒の対応をしている時に「ふー…」と肩の力を抜くことができます(良くも悪くも)

 

  • 「集中して勉強したい!」→家庭教師
  • 「勉強時間中もたまには気を抜きたい!」→個別指導塾

 

 

自習室

家庭教師の場合、塾にあるような自習室を利用することはできません。自宅以外の「誰かに見られている環境」で勉強したい場合は図書館とかフードコート、カフェに行く必要があります。

 

個別指導塾の場合、自習室を利用できることが多いです。

 

  • 「自習室はなくても大丈夫!」→家庭教師
  • 「自習室を使いたい!」→個別指導塾

 

 

空調

家庭教師の場合、自宅で勉強するので空調を自由に管理することができます

 

個別指導塾の場合、他の生徒もいるので「寒い」「暑い」と訴えても空調を調整してくれるとは限りません。また、ビルに入っている塾の場合、ビルで空調が一括管理されていて調整が一切できないこともあります。

実際、「塾のクーラーが効きすぎて寒い」「塾の暖房が効きすぎて暑い」って言う中学生・高校生が少なくないです。

 

  • 「寒いのも暑いのも苦手!」→家庭教師
  • 「寒くても暑くても我慢する!」→個別指導塾

 

 

子供が勉強している様子を確認できるか

家庭教師の場合、保護者からしたら子供が勉強している様子を確認できるっていうメリットがあります。

もしかすると「うちの子はこんなに勉強しないんかーい!」ってのを目の当たりにしてショックを受けるかもですが、良くも悪くも子供のことを把握できるのが家庭教師です。

 

個別指導塾の場合、子供が勉強している様子を確認するのは難しいです。逆に言うと、すべて個別指導塾にお任せできます。

 

  • 「子供が勉強している様子を確認したい!」→家庭教師
  • 「勉強は全部お任せしたい!」→個別指導塾

 

 

面談

家庭教師の場合、塾でありがちな面談に行かなくて済みます。保護者にとっても「他者との面倒なコミュニケーションから解放される」っていうメリットがあるのが家庭教師です(※一定のコミュニケーションは必要だけど)

 

個別指導塾の場合、面談が設定されることが少なくないです。

 

  • 「面談に行くのは面倒!」→家庭教師
  • 「面談がある方が安心!」→個別指導塾

 

 

値段

家庭教師の方が値段が高いです。

 

  • 「お金がたくさんかかってもOK!」→家庭教師
  • 「お金はなるべくかけたくない」→個別指導塾

 

 

家庭教師と集団指導塾を比較

まず、家庭教師と集団指導塾の共通点についてです。

 

共通点

ない気がします。

 

相違点

次に、家庭教師と集団指導塾の違いについてです。

 

他の生徒と合わせる必要性

家庭教師の場合、他の生徒と一緒に勉強しなくて済みます。

友達に気を遣わなくて済むので「学校以外でも友達と合わせるのは面倒だわ」っていう人に向いているのが家庭教師です。

あと、誰かにイジワルされたりする恐れもありません

 

集団指導塾の場合、一対一ではないので、他の生徒のことを気遣う必要があります。また、塾の行き帰りで友達と一緒になることがあります(良くも悪くも)

 

  • 「他の生徒に気を遣うのは面倒!」→家庭教師
  • 「友達と一緒に通いたい!」→集団指導塾

 

 

気を抜ける瞬間

家庭教師の場合、教師とずっと一対一なので気を抜ける瞬間がほとんどありません

もちろん教師と仲が良ければリラックスできるとは思いますが、基本的にはボーッとはできません。

 

集団指導塾の場合、教師が説明している時などに「ふー…」と肩の力を抜くことができます(良くも悪くも)

 

  • 「集中して勉強したい!」→家庭教師
  • 「勉強時間中もたまには気を抜きたい!」→集団指導塾

 

 

質問のしやすさ

家庭教師の場合、一対一なのでわからないところの質問がしやすいです。

 

集団指導塾の場合、授業の説明だけでは理解ができなかった時に、授業中に手をあげて質問をするか授業後に質問をしに行く必要があります。

 

  • 「気軽に質問したい!」→家庭教師
  • 「授業中・授業後に質問するのは全然苦じゃない!」→集団指導塾

 

 

自習室

家庭教師の場合、塾にあるような自習室を利用することはできません。自宅以外の「誰かに見られている環境」で勉強したい場合は図書館とかフードコート、カフェに行く必要があります。

 

集団指導塾の場合、自習室を利用できることが多いです。

 

  • 「自習室はなくても大丈夫!」→家庭教師
  • 「自習室を使いたい!」→集団指導塾

 

 

空調

家庭教師の場合、自宅で勉強するので空調を自由に管理することができます

 

集団指導塾の場合、他の生徒もいるので「寒い」「暑い」と訴えても空調を調整してくれるとは限りません。また、ビルに入っている塾の場合、ビルで空調が一括管理されていて調整が一切できないこともあります。

実際、「塾のクーラーが効きすぎて寒い」「塾の暖房が効きすぎて暑い」って言う中学生・高校生が少なくないです。

 

  • 「寒いのも暑いのも苦手!」→家庭教師
  • 「寒くても暑くても我慢する!」→集団指導塾

 

 

子供が勉強している様子を確認できるか

家庭教師の場合、保護者からしたら子供が勉強している様子を確認できるっていうメリットがあります。

もしかすると「うちの子はこんなに勉強しないんかーい!」ってのを目の当たりにしてショックを受けるかもですが、良くも悪くも子供のことを把握できるのが家庭教師です。

 

集団指導塾の場合、子供が勉強している様子を確認するのは難しいです。逆に言うと、すべて集団指導塾にお任せできます。

 

  • 「子供が勉強している様子を確認したい!」→家庭教師
  • 「勉強は全部お任せしたい!」→集団指導塾

 

 

面談

家庭教師の場合、塾でありがちな面談に行かなくて済みます。保護者にとっても「他者との面倒なコミュニケーションから解放される」っていうメリットがあるのが家庭教師です(※一定のコミュニケーションは必要だけど)

 

集団指導塾の場合、面談が設定されることが少なくないです。

 

  • 「面談に行くのは面倒!」→家庭教師
  • 「面談がある方が安心!」→集団指導塾

 

 

値段

家庭教師の方が値段が高いです。

 

  • 「お金がたくさんかかってもOK!」→家庭教師
  • 「お金はなるべくかけたくない」→集団指導塾

 

 

家庭教師を探すなら

家庭教師を探す方法を元教員が解説【ウェルカム家庭教師ナビ】
家庭教師を探す方法を元教員が解説【ウェルカム家庭教師ナビ】家庭教師を探すためのサービス「ウェルカム家庭教師ナビ」の紹介をします。 「塾や通信教育じゃなくて家庭教師がいいかな。でも家庭教師ってどうやって探せばいいのかわからん!」っていう方の役に立てば幸いです!...

 

おすすめの通信教育

【通信教育】小学生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説
【通信教育】小学生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説本記事では、小学生向けの通信教育について比較しながら僕なりの考えを書きます。 ...
【おすすめ4選】中学生向けの通信教育を東大卒の元教員が比較する
【通信教育】中学生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説本記事では、 中学生はどの通信教育を使うべきか? について、比較しながら説明をします。...
【通信教育教材】高校生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説
【高校生におすすめの通信教育】東大卒元教員が比較して説明します!高校生(大学受験生)向けの通信教育教材っていくつかあるけど、それぞれどんな特徴があるんだろう? って気になったので、調べてみた。 すると、「あー、ここは同じだな」という部分と「ここは強みだなあ」という部分がなんとなくわかってきたので、 僕だったらこうやって選ぶ っていう100%僕個人の考えと それぞれの通信教育教材の特徴 についてまとめます。...

 

【2021年度】進研ゼミ小学講座(小1〜小6)の概要をまとめた
【2021年度】進研ゼミ小学講座(小1〜小6)の概要をまとめたどの学年でも、おすすめはチャレンジタッチ...
【2021年度】進研ゼミ中学講座(中1〜中3)の概要をまとめた
【2021年度】進研ゼミ中学講座(中1〜中3)の概要をまとめた進研ゼミ中学講座について、学年別にまとめます。...
【2021年度】進研ゼミ高校講座(高1〜高3)の概要をまとめた
【2021年度】進研ゼミ高校講座(高1〜高3)の概要をまとめた進研ゼミ高校講座について、学年別にまとめます。...

 

 

ご家庭で勉強したい人へ

通信教育を比較

おすすめな通信教育についてまとめました。各通信教育の比較ができます。

 

 

進研ゼミ

進研ゼミ中学講座
  • 全教科の対策をしたい!
  • でも部活や習い事で忙しい
  • 自分で学習計画・学習内容を考えるのは苦手

っていう人に向いているのが進研ゼミ。値段も比較的安めです。

くわしくは下の個別記事で。

 

 

 

 

家庭教師を探す

 

 

社会科チャンネル

社会科チャンネル

YouTubeで社会科の動画をアップ中です。よければご視聴お願いします。

>>社会科チャンネルはこちら

このブログの3つのテーマ

もちおの勉強ブログ

小中高生とその保護者向け

 

もちおの生活改善ブログ

18才〜30代の大人向け

 

もちおの教員向けブログ

若手教員向け(僕の教員経験を書きました)

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA