(歴史)

『Z会 実力をつける日本史100題』レビュー:むずかしすぎない?【本音】

『Z会 実力をつける日本史100題』レビュー:むずかしすぎない?【本音】「『Z会 実力をつける日本史100題』ってどんな問題集?」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

本記事では、

『Z会 実力をつける日本史100題』のレビュー(評価)・感想

について書きます。

 

この記事を読むと

『Z会 実力をつける日本史100題』の本音の感想がわかる

 

この記事の信頼性

実際に買って使った経験あり。

僕(もちお)は、勉強が得意。

  • 小学生の時は偏差値40台だったけど、「学年で10位以内に入ったら携帯電話を買ってあげる」という親の甘い言葉で火がつき、猛勉強。その結果、
  • 中学生では、塾に行かずに学年1位
  • 高校では、学年で1ケタの順位をキープ
  • 東大模試で文科三類1位
  • 東大に合格

僕(もちお)は、元社会科教員。

  • 学習指導要領を熟知。

 

『Z会 実力をつける日本史100題』の基本情報

『実力をつける日本史100題』の画像
値段 約1,400円
著者 Z会出版編集部
出版社 Z会
出版年 2013年
もちおのおすすめ度 ★★★☆☆

 

 

Z会の「実力をつける」シリーズの日本史ver.です。

古代から近現代まで、全時代の問題がつまっています。

 

構成はこんな感じ。

  • 古代から近現代までで75題
  • テーマ史が20題
  • 論述問題が5題

 

 

『実力をつける日本史100題』の画像

本質的な理解を問う問題というよりも、知識を問う問題が多い印象。

レベルはぶっちゃけかなり高いです(ちょっと細かい感じもある)

 

 

『Z会 実力をつける日本史100題』の正直な感想

『実力をつける日本史100題』の画像

正直な感想は、「この問題集むずすぎだろ」ですw

 

僕自身、高校3年生の時と教員採用試験の時の合計2回、この問題集を使ってみましたが…吹っ飛ばされました。

 

もちお
もちお
むずすぎ。

 

早慶やMARCHなどの私大を受ける人はこの問題集をやるのが定番っぽいのです。

でも、こんな難しい問題集よくできるなあって本気で思います。

 

高校3年生の時は、途中で挫折した記憶があります。

やりながら、「こんなことまで覚えて意味あんの?」っていう疑問が払拭できなかった(笑)(覚える必要のある問題も間違えていたとは思うけど)

 

教員採用試験の時は、「細かい知識まで覚えとくか〜」ってことで2〜3周やりましたけど、この問題集をやりながらやっぱり「こんなことまで覚えても意味なくない?」って思いましたw

 

 

『実力をつける日本史100題』の画像

『Z会 実力をつける日本史100題』は、日本史の本質的な理解と思考力を問う東大受験には絶対に必要ないです。

ただ、わりと細かい知識まで問われることのある早稲田・慶應・MARCHを受験する場合は、やっておいた方が良いのかもしれません。

(正直、僕はやりたくないし細かい知識を問う大学は受験したくないって思っちゃうけど)

 

 

って酷評をしていますが、一応フォローをしておくと、この1冊を何周もじっくりやれば、日本史の実力がかなりつくとは思います。

 

問題に間違えまくったとしても、心が折れずに辛抱してやることができるかどうかにかかっている問題集って感じです。

『体系日本史』の画像日本史の本質的な理解を深めたいのであれば、駿台の日本史講師の塚原哲也さんが作った『体系日本史』の方がおすすめです。(東大受験生は『体系日本史』の方が良いと思う)

 

 

『Z会 実力をつける日本史100題』の評判

Twitterの口コミです。

<おすすめ受験参考書(大学編)>「実力をつける日本史100題」「実力をつける世界史100題」「実力をつける地理100題」どれも非常にレベルが高い。中途半端な知識で挑むと挫折する可能性があるぞ!気をつけろ。そのかわりこの問題集を3周すれば相当実力が付いているはずだ。難関私大対策はばっちし!

 

 

https://twitter.com/DUO9876/status/1184844274925334530

私立対策には実力をつける日本史100題、論述出るとこには考える日本史論述。どちらもかなり良くて有名な参考書です!基礎が固まってて私立対策とかの演習したい人が左、論述の書き方とか、典型問題を暗記したい人は右かな

 

 

『Z会 実力をつける日本史100題』の使い方・使う時期

『実力をつける日本史100題』の画像

『Z会 実力をつける日本史100題』に取り組むのであれば、中途半端はダメだと思います。

3周以上やって、この問題集で問われている内容を完璧に身につける…それくらい本気でやらないと意味ないかな、と。

 

中途半端にやるくらいだったら、もうちょっと難易度が低い問題集をやった方が良いです。

 

 

使う時期としては、2パターンあるかなと思います。

①夏~秋から使い始める 何周もやって、この問題集の内容を100%理解することを目指す
②試験直前に使い始める 試験直前に余裕がある人が、+αを身につけることを目指す

 

②のパターンの人はたぶん余裕で合格する人。

「もうだいたいOKだし、プラスアルファでやっとくか」ってイメージです。

 

 

『Z会 実力をつける日本史100題』を使うなら、①のパターンがほとんどだと思います。

 

この問題集を使う上で絶対におすすめしないのが、「試験直前に焦って使う」です。

余裕のない人が試験直前にこの問題集を買って取り組むと、もっともっと焦ることになると思うので。

 

 

『Z会 実力をつける日本史100題』のまとめ

『実力をつける日本史100題』の画像

以上、

『Z会 実力をつける日本史100題』

のレビューをしました。

 

まとめると、

もちおのおすすめ度 ★★★☆☆
もちおの感想 本質的な理解を問う問題というよりも、知識を問う問題が多い印象
東大受験生には不要
早慶・MARCH受験生はやっても良いかも
やるなら中途半端にやらず本気でやるべし

となります。

 

日本史の他の参考書・問題集については、下記の記事でまとめています!

もしよかったらチェックしてみてください。

 

もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスのメルマガ・個別アドバイスなど
よければどうぞ!
ソフトテニスのメルマガ・個別アドバイスなど
よければどうぞ!