【勉強】

【小学生】チャレンジとZ会はどっちがいい?元教員が比較して違いを解説

【小学生】進研ゼミとZ会はどっちがいい?元教員が比較して違いを解説「チャレンジ(進研ゼミ)とZ会ってどっちがいいの?」

って気になったので、違いを比較してみました。

 

本記事の内容

【小学生】チャレンジ(進研ゼミ)とZ会の共通点と相違点

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は元社会科教員

ざっくりと学校の勉強の経歴(?)を書くと、こんな感じ。

  • 小学生の時は偏差値40台だったけど、「学年で10位以内に入ったら携帯電話を買ってあげる」という親の甘い言葉で火がつき、猛勉強。その結果、
  • 中学生では、塾に行かずに学年1位
  • 高校では、学年で1ケタの順位をキープ
  • 東大文科三類不合格
  • 浪人(Oh…)
  • 東大模試で文科三類1位
  • 東大に合格

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

 

【小学生】チャレンジとZ会はそれぞれ2コースある

進研ゼミチャレンジタッチ(小学5年生)の画像

【進研ゼミ】チャレンジタッチ

主にタブレットで学習
進研ゼミチャレンジ(小学5年生)の画像

【進研ゼミ】チャレンジ

紙テキストで学習
Z会小学生コース

【Z会】小学生タブレットコース

主にタブレットで学習
Z会小学生コース

【Z会】小学生コース

紙テキストで学習

 

ここからは、タブレットを使うコースタブレットを使わないコースに分けて比較をします!

 

 

【小学生】チャレンジタッチとZ会タブレットコースを比較

タブレット

【進研ゼミ】チャレンジタッチ 【小1~2】専用タブレット

【小3~6】専用タブレット

【Z会】小学生タブレットコース 【小1~2】一般的なタブレット端末(iPad・Android端末等)

【小3~6】iPad

 

チャレンジタッチ

進研ゼミチャレンジタッチ(小学1年生)の画像

初めて進研ゼミ<チャレンジタッチ>に申し込む場合は初回特別優待で専用タブレットが無料で届きます。(※6か月以上継続受講が条件)

 

Z会

Z会小学生コース

Z会は専用タブレットではありません。申込み時に一緒にiPadを割引価格で購入することが可能です。

 

 

おもちゃ的な教材

【進研ゼミ】チャレンジタッチ 届く
【Z会】小学生タブレットコース 届かない

 

 

進研ゼミチャレンジタッチ(小学5年生)の画像

チャレンジタッチは(大人からすると)おもちゃみたいな電子教材が届くことがあります。一方、Z会はそのような電子教材は用意していないようです。

 

資料請求はこちら(無料)

進研ゼミ

Z会

 

 

レベル

【進研ゼミ】チャレンジタッチ 調整可能
【Z会】小学生タブレットコース 調整可能

 

難易度はどちらも子供に合わせて調整可能。(タブレットが自動調整してくれる)

 

Z会

【2021年度】Z会小学生コースの概要

小3〜6は中学受験コース(難関校受験生向けのコース)を選ぶこともできます。

くわしくはZ会小学講座についてまとめた記事で。

【2021年度】Z会小学生コースの概要(タブレットと紙で比較)
【2021年度】Z会小学生コースの概要(タブレットと紙で比較)Z会の小学生ver.の全体像が公式HPを見るだけだとわかりにくかったので、整理してまとめてみました。...

 

 

教科

【進研ゼミ】チャレンジタッチ 【小1~2】国語・算数・英語・プログラミングをセットで受講

【小3~6】国語・算数・理科・社会・英語・プログラミングをセットで受講

【Z会】小学生タブレットコース 【小1~2】国語・算数・英語・みらい体験学習・プログラミングをセットで受講

【小3~6】国語・算数・理科・社会・英語・みらい体験学習・プログラミングをセットで受講

 

チャレンジタッチ

全教科セットでの受講です。

 

Z会

紙テキストで学ぶコースは1教科ずつの受講が可能(小3〜6)ですが、タブレットコースは全教科セットでの受講のみです。

 

 

添削問題

【進研ゼミ】チャレンジタッチ 【小1~2】あり(国語・算数)

【小3~6】あり(国語・算数)

【Z会】小学生タブレットコース 【小1~2】なし

【小3~6】あり(国語・算数・理科・社会・英語)

 

どちらもタブレットに配信されます。

 

 

努力賞制度

【進研ゼミ】チャレンジタッチ あり
【Z会】小学生タブレットコース あり

 

努力賞制度(課題提出に応じてポイントが貯まって、そのポイントを好きなプレゼントと交換できる制度)はどちらにもあります。

 

 

金額

【進研ゼミ】チャレンジタッチ 月額約3,500円(小1)

月額約4,000円(小2)

月額約4,500円(小3)

月額約5,000円(小4)

月額約6,000円(小5)

月額約6,500円(小6)

【Z会】小学生タブレットコース 月額約3,500円(小1)

月額約4,000円(小2)

月額約7,000円(小3)

月額約7,500円(小4)

月額約8,000円(小5)

月額約9,000円(小6)

※12ヶ月一括払いだと値引きあり
※全教科セット受講

 

小1〜2はほぼ同じ金額ですが、小3〜6はZ会の方が割高になっています。

 

資料請求はこちら(無料)

進研ゼミ

Z会

 

 

どっちがいい?

学校の廊下の画像

「専用タブレットがいい!」のであれば、チャレンジタッチ一択です。

 

あと、「うちの子はあまり勉強が好きじゃない」「やる気をもたせたい!」場合も、チャレンジタッチが良いかなと思いました。

というのも、チャレンジタッチはおもちゃ的な教材が届いたりと、良い意味で小さな子供向きな感じだからです。

 

また、小3〜ならZ会よりも割安ですし、初めて進研ゼミ<チャレンジタッチ>に申し込む場合は初回特別優待で専用タブレットが無料で届く(※6か月以上継続受講が条件)ので、お財布にも優しい。

 

一方、「専用タブレットはイマイチ…」って思うのであれば、Z会一択です。

 

あと、「全教科の学力をガッツリ伸ばしたい!」場合も、Z会が良いかなと思いました。

というのも、添削問題の種類が充実しているからです。

 

また、おもちゃ的な教材も届かないのは親からしたらありがたいかも。「捨てるに捨てられない→モノが増えて家が散らかる」ってのを防止できそうです。

 

 

とはいえ。

ぶっちゃけ、成績が伸びるかどうか?飽きずに続けるかどうか?は、本人のやる気次第だと思います。

進研ゼミもZ会も改善に改善を重ねて教材を作っているはずなので、教え方とか教材の質とかは大差がないはず。(「Z会の方が難しい」と言われているけど、本当なのかはわからん)

 

結局、どっちが向いているか?は本人が実際に体験してみないとわかりづらいと思うので、子供自身のフィーリング「親がどういうスタイルで勉強させたいか?」っていう視点で決めると良いと思います。

 

資料請求はこちら(無料)

進研ゼミ

Z会

 

 

【小学生】チャレンジとZ会テキストコースを比較

おもちゃ的な教材

【進研ゼミ】チャレンジ 届く
【Z会】小学生テキストコース 届かない

 

 

進研ゼミチャレンジ(小学5年生)の画像

チャレンジは(大人からすると)おもちゃみたいな電子教材が届くことがあります。一方、Z会はそのような電子教材は用意していないようです。

 

 

レベル

【進研ゼミ】チャレンジ 【小1~2】基礎コース or 応用コース

【小3~6】標準コース or 挑戦コース

【Z会】小学生テキストコース 【小1~2】スタンダード or ハイレベル

【小3~6】スタンダード or ハイレベル

 

Z会

【2021年度】Z会小学生コースの概要

小3〜6は中学受験コース(難関校受験生向けのコース)を選ぶこともできます。

くわしくはZ会小学講座についてまとめた記事で。

【2021年度】Z会小学生コースの概要(タブレットと紙で比較)
【2021年度】Z会小学生コースの概要(タブレットと紙で比較)Z会の小学生ver.の全体像が公式HPを見るだけだとわかりにくかったので、整理してまとめてみました。...

 

資料請求はこちら(無料)

進研ゼミ

Z会

 

 

教科

【進研ゼミ】チャレンジ 【小1~2】国語・算数・英語・プログラミングをセットで受講

【小3~6】国語・算数・理科・社会・英語・プログラミングをセットで受講

【Z会】小学生テキストコース 【小1~2】国語・算数・英語・みらい体験学習・プログラミングをセットで受講

【小3~6】国語・算数・理科・社会・英語(小5~)・プログラミング

※1教科ずつの受講も可能

※プログラミング学習はデジタル教材(1教科以上受講すれば利用可能)

 

チャレンジ

全教科セットでの受講です。

 

Z会

1教科ずつの受講が可能です。

 

 

添削問題

【進研ゼミ】チャレンジ 【小1~2】あり(国語・算数)

【小3~6】あり(国語・算数)

【Z会】小学生テキストコース 【小1~2】あり(国語・算数・経験学習)

【小3~6】あり(国語・算数・理科・社会・英語)

 

 

努力賞制度

【進研ゼミ】チャレンジ あり
【Z会】小学生テキストコース あり

 

努力賞制度(課題提出に応じてポイントが貯まって、そのポイントを好きなプレゼントと交換できる制度)はどちらにもあります。

 

 

金額

【進研ゼミ】チャレンジ(セット受講) 月額約3,500円(小1)

月額約4,000円(小2)

月額約4,500円(小3)

月額約5,000円(小4)

月額約6,000円(小5)

月額約6,500円(小6)

【Z会】小学生テキストコース(セット受講) 月額約3,500円(小1)

月額約4,000円(小2)

月額約7,000円(小3)

月額約7,500円(小4)

月額約8,000円(小5)

月額約9,000円(小6)

【Z会】小学生テキストコース(1教科) 月額約1,500円(小3)

月額約2,000円(小4)

月額約2,000円(小5)

月額約2,000円(小6)

※12ヶ月一括払いだと値引きあり

 

セット受講の場合、小1〜2はほぼ同じ金額ですが、小3〜6はZ会の方が割高になっています。

 

資料請求はこちら(無料)

進研ゼミ

Z会

 

 

どっちがいい?

学校の廊下の画像

「うちの子はあまり勉強が好きじゃない」「やる気をもたせたい!」場合は、チャレンジが良いかなと思いました。

というのも、チャレンジはおもちゃ的な教材が届いたりと、良い意味で小さな子供向きな感じだからです。

 

また、小3〜ならZ会よりも割安ですので、お財布にも優しい。

 

一方、「全教科やらなくてもいいかな」って思うのであれば、Z会一択です。(小3〜)

 

あと、「全教科の学力をガッツリ伸ばしたい!」場合も、Z会が良いかなと思いました。

というのも、添削問題の種類が充実しているからです。

 

また、おもちゃ的な教材も届かないのは親からしたらありがたいかも。「捨てるに捨てられない→モノが増えて家が散らかる」ってのを防止できそうです。

 

とはいえ。

ぶっちゃけ、成績が伸びるかどうか?飽きずに続けるかどうか?は、本人のやる気次第だと思います。

進研ゼミもZ会も改善に改善を重ねて教材を作っているはずなので、教え方とか教材の質とかは大差がないはず。(「Z会の方が難しい」と言われているけど、本当なのかはわからん)

 

結局、どっちが向いているか?は本人が実際に体験してみないとわかりづらいと思うので、子供自身のフィーリング「親がどういうスタイルで勉強させたいか?」っていう視点で決めると良いと思います。

 

資料請求はこちら(無料)

進研ゼミ

Z会

 

 

進研ゼミの資料請求・申し込みはこちら

進研ゼミ小学講座の資料請求

進研ゼミ小学講座の申込み

※お申込みの際には、最新情報を公式ホームページから確認ください。
※いま限定のキャンペーンについても、詳細は公式ホームページから確認ください。

 

 

Z会の資料請求・申し込みはこちら

Z会 小学生向け講座

※お申込みの際には、最新情報を公式ホームページから確認ください。

 

小学生におすすめの通信教育

【通信教育】小学生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説
【通信教育】小学生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説本記事では、小学生向けの通信教育について比較しながら僕なりの考えを書きます。 ...
【2021年度】進研ゼミ小学講座(小1〜小6)の概要をまとめた
【2021年度】進研ゼミ小学講座(小1〜小6)の概要をまとめたどの学年でも、おすすめはチャレンジタッチ...
【2021年度】Z会小学生コースの概要(タブレットと紙で比較)
【2021年度】Z会小学生コースの概要(タブレットと紙で比較)Z会の小学生ver.の全体像が公式HPを見るだけだとわかりにくかったので、整理してまとめてみました。...

 

 

ご家庭で勉強したい人へ

通信教育を比較

おすすめな通信教育についてまとめました。各通信教育の比較ができます。

 

 

進研ゼミ

進研ゼミ中学講座
  • 全教科の対策をしたい!
  • でも部活や習い事で忙しい
  • 自分で学習計画・学習内容を考えるのは苦手

っていう人に向いているのが進研ゼミ。値段も比較的安めです。

くわしくは下の個別記事で。

 

 

 

 

家庭教師を探す

 

 

社会科チャンネル

社会科チャンネル

YouTubeで社会科の動画をアップ中です。よければご視聴お願いします。

>>社会科チャンネルはこちら

このブログの4つのテーマ

もちおの勉強ブログ

小中高生とその保護者向け

 

もちおのソフトテニスブログ

指導者・保護者向け

 

もちおの生活改善ブログ

18才〜30代の大人向け

 

もちおの教員向けブログ

若手教員向け(僕の教員経験を書きました)

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ
ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ