高校生
PR

【進研ゼミ高校講座】役に立たない?&使い倒す方法(高1・高2)

mochio-school-mochioka-student
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

時間がない人向けにざっくり・短くまとめた記事はこちら

進研ゼミ高校講座っていいの?【3分で解説】

進研ゼミは教育心理学・学習科学的にも優れた すごい教材だと思います!

そう思う理由をガッツリ説明します

進研ゼミ高校講座のすごいところ

  1. やる気・継続のサポートが充実
  2. 理解・定着のサポートが充実
こちらをクリック

資料請求は無料!

高校講座 入会フォームはこちら

2024年度の高校1年生・高校2年生向けです。

高3・高卒の記事はこちらです

モチオカ
モチオカ
学習ブロガー
Profile
公立中→公立高→浪人→東大(教育学部)→東大院(教育学研究科)→中学教員→ブロガー

このブログでは、読者の皆様が自分に合う教材を見つけられるように、教材の特徴を中立な目線で紹介します!!

進研ゼミ高校講座の特徴

  • 高1・高2では予習・復習はスマホで1回5分、テスト前は紙テキストで演習というデザイン
  • 高3では5教科16科目対応の「共通テスト対策」ができる教材が全員に届き、厳選された教材を使って勉強する「短時間集中設計」になっている
  • スマホを使ってスキマ時間に学習できる機能が充実

ベネッセは「普段の授業・テスト対策から大学受験合格までサポートする高校生向け通信教育」という表現を使っています。

また、進研ゼミ高校講座では「忙しい高校生向け!」って感じのアピールが結構されています。

実際、そんな感じだと思います!

学習スタイルは1つ

進研ゼミ高校講座はスマホと紙テキストを使って勉強するタイプの通信教育です。

※小中講座とは違って、専用タブレットは使いません。

※映像授業等はスマホで見ることができるので、わざわざ勉強用のタブレットを用意する必要はありません!

こちらをクリック

資料請求は無料!

高校講座 入会フォームはこちら

1教科ずつ受講できる

【高1・高2】教科は3教科(英数国)+理科・地歴

受講教科は英・数・国の3教科がメイン。

理科・地歴公民の教材も追加受講費ゼロで届く3教科の受講がおすすめされていますが、

進研ゼミ高校講座は1教科ずつ受講することができます

上記の受講費は12か月分一括払いの場合(税込)

【高3・浪人】教科は5教科16科目対応

大学受験講座も1教科ずつ受講することができます。

5教科16科目対応の共通テスト対策教材が全員に届きます。

また、個別試験対策教材は8科目の中から選んで受講できます。

  • 英語
  • 数学
  • 国語
  • 物理
  • 化学
  • 生物
  • 日本史
  • 世界史

くわしくは大学受験講座の記事

1教科受講でもデジタル教材が全教科使い放題

高校講座の受講者全員、スマートフォンでデジタル教材を利用できます。

教材が定期的に届く

紙テキストの教材が定期的に届きます。

「今やるべきこと」がはっきりするので、勉強のペース管理がしやすいと思います。

『チャレンジ』『定期テスト予想問題集(英数国)』などが授業の進度に合っていない時に、進度に合った教材を届けてもらうこともできます。(進度SOS)

※追加費用ゼロ
※電話・Webサイト・高校講座アプリで手続きをする
※「ゼミ」受付後4日前後(日・祝・年末年始を除く)で届く

こちらをクリック

資料請求は無料!

高校講座 入会フォームはこちら

進研ゼミ高校講座が役に立つ理由

  1. やる気・継続のサポートが充実
  2. 理解・定着のサポートが充実
  3. 学習スタイルを選べる
こちらをクリック

資料請求は無料!

高校講座 入会フォームはこちら

やる気・継続のサポートが充実

努力賞制度

進研ゼミには、

「レッスンに取り組むとポイントがたまって、そのポイントを好きなプレゼントと交換できる」という制度が用意されています。

モチオカ
モチオカ

「”ご褒美(報酬)”は、やる気アップにある程度有効である」

ということが心理学の研究からわかっています!

やる気(モチベーション)のことを、心理学の世界では「動機づけ」と言います。

動機づけの種類は2種類。外発的動機づけ内発的動機づけ

外発的動機づけ

報酬が得られるからやっているだけなんだよね〜…

  • (例)ゲームを買ってもらうために勉強する!
  • (例)頑張ったら褒められるから勉強する!
  • (例)やらないと怒られるから勉強する…

内発的動機づけ

=何か報酬を得ようとしているわけではなく、活動そのものが楽しいからやる!!

  • (例)楽しいから勉強する!
  • (例)良い成績をとりたいから勉強する!
  • (例)志望校に行きたいから勉強する!

※「良い成績をとりたい」「志望校に行きたい」っていうのは、良い結果を求めているという意味で外発的に動機づけられているっぽく見えますが、

褒められたり何かを買ってもらったりっていうご褒美がなくても頑張るはずだ、という意味で内発的に動機づけられているとも言えます。内発的と外発的の中間って感じ

活動そのものを楽しんでいる内発的動機づけの方が理想的だとされていますが、

心理学の研究から、

内発的動機づけがなされていない時に

報酬が与えられると、

やる気がアップする

こともわかっています。

つまり、

子供が勉強にやる気を出す上で、進研ゼミの努力賞制度が役に立つかも!ってことです。

外発的動機づけ(報酬)できっかけを作りつつ

→子供の心の内側からモチベーションが湧いてくるのを待つ(祈る)

って感じ。

ただ、この報酬(ご褒美)には注意点もあって、

報酬(ご褒美)を与えまくればいいってわけではありません。

内発的に動機づけられている時に

報酬が与えられると、

前よりもやる気がダウンしてしまう

ことも研究からわかっています。使い過ぎには要注意。

こちらをクリック

資料請求は無料!

高校講座 入会フォームはこちら

自分でレベルを選択できる

コース特長志望進路目安
最難関大挑戦コース最難関大合格に必要となる、問題を読み解く力や、解答方針を打ち出し、解答を記述する力を養成するコース東京大/京都大/一橋大/東京工業大/国公立大医学部医学科
難関大挑戦コース確実な入試基礎力養成に加え、難関大で問われる思考・判断・表現力まで磨けるコース国公立大学
早慶上智・MARCHG・関関同立などの難関私立大学
大学進学総合コースつまずきやニガテを解消し、入試基礎力を高められるコース日東駒専・産近甲龍などの私立大学
まだ志望大学が決まっていない方

高1〜高2の2学期までは3つのコースに分かれていて、自分で選択できます

途中で変更することも可能!

高2の3学期からは、志望大レベルに合わせてさらに細かくコースを選ぶことができます。

モチオカ
モチオカ

「やる気アップのためには”自分で決める”ことが大切だ」

と言われています!

さっきの報酬(ご褒美)は外発的動機づけの話でしたが、

外発的動機づけから内発的動機づけに移行するにはどうしたらいいのか?

についても、心理学者が研究をしてくれています。

有名なのがライアンとデシという心理学者が考えた「自己決定理論」。

3つの欲求が満たされることでやる気が出る

自律性

=自分の行動を自分で決めたい!

(例)コーチにスポーツの練習内容を全て強制されるよりも、自分で考えた方がやる気が出る

有能感

=自分はできるって思いたい!

(例)失敗がずっと続くよりも、「うまくできた!」っていう体験が多い方が達成感があってやる気が出る

関係性

=他者とつながりたい!

(例)自分が何かをしようとしている時に、誰も興味がなかったり周りの人のためにならなかったりする状態よりも、周りの人に応援されていたり誰かのためになったりする状態の方がやる気が出る

最初は報酬(ご褒美)によってやる気が出ただけだったとしても、

勉強をする中で自律性・有能感・関係性の欲求が満たされていくと、

だんだんと「勉強自体が楽しい!」っていう内発的動機づけ状態に移っていくわけです。

自分でレベルを選択できる進研ゼミの仕組みは、やる気アップに役立つかもです!

こちらをクリック

資料請求は無料!

高校講座 入会フォームはこちら

高校別担任コーチが学習計画作成をサポート(高1)

高校1年生講座では、

自分が通学する高校の卒業生が個別に学習をサポートしてくれるサービスがあります。

  • 学習計画作成
  • 学習法コーチング
  • 進路アドバイス

※「高校別担任コーチ」は順次採用を進めているので、対象外となる場合もある
※受講教科にかかわらず利用可能
※質問・相談の上限は10回/月まで
※質問・相談は基本的に日曜日、祝日、年末年始を除く7日以内で回答

モチオカ
モチオカ

学習プランを参考にしつつ自分で計画を立てれば、

「自分で決めた」ことによるモチベーションアップが期待できそう

さっきの自己決定理論の自律性(=自分の行動を自分で決めたい!)の話は、

「サポートを一切受けずに全部自分で決めるべき」っていうことではありません。

必要に応じてサポートを求めることも自律性。

「自分で勉強計画を立てよう」って言われてもいきなりは難しい中学生にとって、進研ゼミのAIによる学習プラン作りはかなり役立つはず!

こちらをクリック

資料請求は無料!

高校講座 入会フォームはこちら

理解・定着のサポートが充実

質問できる

問題をスマホで撮影し、質問を送ると、専任の教科アドバイザーが解説してくれるサービスがあります。

※日・祝・年末年始を除く48時間以内で「ゼミ」教材への質問に回答。(※小論文・情報・実技教科・記述添削特講・過去問添削特講除く)
※質問は1科目あたり1か月に3件まで。

チャットのやり取りで疑問を解消できるサービスも用意されています(即レス!ギモン解消チャット)。

※英数の『定期テスト予想問題』と勉強法の質問のみ対応。英語の本文の訳については不可。
※指定の日時のみ利用可能。

YouTubeチャンネルに届いたコメント(実際のレビュー)を紹介します!

教科質問コーナーすごいです。朝出すと昼には届いていることも!職員室に聞きに行くより速いくらい。でも、質問しようと思って問題とを回答をじっくり見てると答えが分かることも多々あるので、そんなに頻繁には利用してませんが、、、でも「いざとなったら聞ける」というのは心強いです。

モチオカ
モチオカ

「なんで?」「どういうこと?」って質問して自分で答えを探すことで学びの効率が高まる

ということが心理学の研究からわかっています!

僕たち人間が「学習」する時には、

  • 知識のネットワークを作る
  • すでに持っている知識とつなげる

ということが行われています。

学ぶとは?

①ばらばらであった一つ一つの知識のつながり・構造を整理する【構造化】

→②つながり・構造を理解する【理解】

では具体的にどのように勉強したらいいのか?

さまざまな研究によると、効果的な方法がいくつかあるらしいです!

精緻的質問

=「なんで?」「どういうこと?」って質問して自分で答えを探す

(例)「なんで日本は地震が多いんだろう?」→「ってことは、この国も地震が多いのかな?」→「地震が少ない国の建物はどうなっているんだろう?」→・・・

疑問を抱いた時に自分で答えを考えたり探したりせず、すぐに質問サービスに頼るのはちょっと微妙な気がしますが、

行き詰まらないように質問サービスが用意されているのはかなりありがたいです!

こちらをクリック

資料請求は無料!

高校講座 入会フォームはこちら

分散学習・インターリーブ

調査中

学校の勉強においては

理解した内容を必要に応じて取り出せるようにする【記憶】

ことも大切。

理解するだけじゃなくて、記憶することも必要なんです。

よりよく記憶できる学習方法に関しても、心理学者がたくさんの実験・研究をしてくれています。

分散学習

=間隔を空けて何度も勉強する

(例)「テスト前日に数学の勉強を5時間」ではなく、「1時間ずつ5日間に分けて勉強」

インターリーブ学習

=同じ内容を続けるのではなく、異なる内容を切り替えながら勉強する

(例)「足し算20分→引き算20分→掛け算20分」ではなく、「足し算10分→引き算10分→掛け算10分→引き算10分→足し算10分→掛け算10分」

検索学習

=学んだ情報を思い出す

(例)学んだ内容を何も見ずにノートに書き出す

Q
記憶に関するエビデンス

分散学習

Cook, T. W. (1934). Massed and distributed practice in puzzle solving. Psychological Review, 41(4), 330–355.

DeRemer, P., & D’Agostino, P. B. (1974). Locus of distributed lag effect in free recall. Journal of Verbal Learning & Verbal Behavior, 13(2), 167–171.

Baddeley, A. D., & Longman, D. J. (1978). The influence of length and frequency of training session on the rate of learning to type. Ergonomics, 21(8), 627–635.

Bahrick, H. P., Bahrick, L. E., Bahrick, A. S., & Bahrick, P. E. (1993). Maintenance of foreign language vocabulary and the spacing effect. Psychological Science, 4(5), 316–321.

Rawson, K. A., & Kintsch, W. (2005). Rereading Effects Depend on Time of Test. Journal of Educational Psychology, 97(1), 70–80.

Simmons, A. L. (2012). Distributed practice and procedural memory consolidation in musicians’ skill learning. Journal of Research in Music Education, 59(4), 357–368.

インターリーブ学習

Shea, J. B., & Morgan, R. L. (1979). Contextual interference effects on the acquisition, retention, and transfer of a motor skill. Journal of Experimental Psychology: Human Learning and Memory, 5(2), 179–187.

Rohrer, D., & Taylor, K. (2007). The shuffling of mathematics problems improves learning. Instructional Science, 35(6), 481–498.

Taylor, K., & Rohrer, D. (2010). The effects of interleaved practice. Applied Cognitive Psychology, 24(6), 837–848.

Hausman, H., & Kornell, N. (2014). Mixing topics while studying does not enhance learning. Journal of Applied Research in Memory and Cognition, 3(3), 153–160.

検索学習

Roediger, H. L., Karpicke, J. D. (2006). Test-enhanced learning: Taking memory tests improves long-term retention. Psychological Science, 17, 249-255.

Karpicke, J. D., Butler, A. C., & Roediger, H. L. (2009). Metacognitive strategies in student learning: Do students practise retrieval when they study on their own? Memory, 17, 471-479.

Karpicke, J. D., & Blunt, J. R. (2011). Retrieval Practice Produces More Learning than Elaborative Studying with Concept Mapping. Science, 331, 772-775.

Hinze, S. R., & Rapp, D. N. (2014). Retrieval (sometimes) enhances learning: Performance pressure reduces the benefits of retrieval practice. Applied Cognitive Psychology, 28(4), 597–606.

Smith, M. A., Floerke, V. A., & Thomas, A. K. (2016). Retrieval practice protects memory against acute stress. Science, 354(6315). 1046-1048.

添削指導

添削指導が用意されています。

高校1年生講座

  • 英数国の3教科
  • 8・12・2月号で届く(長期休暇に復習するタイミングや実力試しに活用)
  • 赤ペン先生の添削問題用のアプリ(「赤ペン 提出カメラ」)で答案を撮影して提出する(←スマホ、iPadから)。※郵便提出も可能
  • 進研ゼミが受付した後、約4日で返却(※郵便提出の場合は進研ゼミが受付した後、約2週間で返却)

高校2年生講座

  • 英数国の3教科
  • 8・12月号で届く(長期休暇に復習するタイミングや実力試しに活用)
  • 赤ペン先生の添削問題用のアプリ(「赤ペン 提出カメラ」)で答案を撮影して提出する(←スマホ、iPadから)。※郵便提出も可能
  • 進研ゼミが受付した後、約4日で返却(※郵便提出の場合は進研ゼミが受付した後、約2週間で返却)

大学受験講座

  • 英語・数学・国語・物理・化学・生物・日本史・世界史の8教科
  • 4〜1月号で届く
  • 赤ペン先生の添削問題用のアプリ(「赤ペン 提出カメラ」)で答案を撮影して提出する(←スマホ、iPadから)。※郵便提出も可能
  • 進研ゼミが受付した後、約4日で返却(※郵便提出の場合は進研ゼミが受付した後、約2週間で返却)

追加料金が必要ですが、記述問題に特化した講座も用意されています(記述添削特講)。

  • 1教科:9,450円
  • 2教科:18,900円
  • 3教科:27,450円

※税込

記述添削特講

モチオカ
モチオカ

思い出す+自分の言葉で説明する

ことで学びの効率が高まります!

よりよく記憶できる学習方法に関しても、心理学者がたくさんの実験・研究をしてくれています。

検索学習

=学んだ情報を思い出す

(例)学んだ内容を何も見ずにノートに書き出す

学んだ内容を思い出す(試す)勉強法は負荷がかかって避けがちですが、

進研ゼミには添削指導サービスがあるので半強制的に検索学習の機会を増やせそう!

こちらをクリック

資料請求は無料!

高校講座 入会フォームはこちら

値段が安い

進研ゼミがすごいのは、

ここまでサービスが充実しているのに値段が安めだということ!

高1

12か月分一括払い1教科:月額6,480円
2教科:月額8,570円
3教科:月額9,630円
6ヶ月分一括払い1教科:月額7,030円
2教科:月額9,300円
3教科:月額10,450円
毎月払い1教科:月額7,350円
2教科:月額9,730円
3教科:月額10,930円

※税込
※入会金・退会金0円
※一括払いの方が退会する場合は、受講月数に応じて受講費を計算し直し、残金が返金される

※4月号入会の場合
※詳細は企業ホームページでご確認ください

高2

12か月分一括払い1教科:月額6,690円
2教科:月額8,790円
3教科:月額9,840円
6ヶ月分一括払い1教科:月額7,250円
2教科:月額9,530円
3教科:月額10,660円
毎月払い1教科:月額7,580円
2教科:月額9,960円
3教科:月額11,150円

※税込
※入会金・退会金0円
※一括払いの方が退会する場合は、受講月数に応じて受講費を計算し直し、残金が返金される

※4月号入会の場合
※詳細は企業ホームページでご確認ください

大学受験講座(高3・浪人)の料金は別記事で紹介

こちらをクリック

資料請求は無料!

高校講座 入会フォームはこちら

キャンペーン多め

お得に利用できるキャンペーンも頻繁に実施されています

夏のニガテ攻略特典(高1)

メリット

夏のニガテ攻略特典がもらえる

進呈条件

  • 高1の8月号対象
  • 7月22日までに入会する

※詳細は企業ホームページでご確認ください

高校講座 入会フォームはこちら

こちらをクリック

資料請求は無料!

進研ゼミ高校講座を使い倒す方法

準備中

進研ゼミ高校講座の資料請求・申込みはこちら

こちらをクリック

資料請求は無料!

高校講座 入会フォームはこちら

※お申込みの際には、最新情報を公式ホームページから確認ください。

進研ゼミと他の通信教育の比較

Z会との比較

進研ゼミとZ会はどっちがいい?比較して違いを解説

スタディサプリとの比較

スタディサプリと進研ゼミを比較!どっちがいい?

スマイルゼミとの比較

準備中

高3・高卒の記事はこちら

【進研ゼミ高校講座】大学受験は進研ゼミだけで大丈夫?(高3・高卒)

他の通信教育についてはこちら

ABOUT ME
モチオカ
モチオカ
学習ブロガー
公立中→公立高→浪人→東大(教育学部)→東大院(教育学研究科)→中学教員→ブロガー

このブログでは、読者の皆様が自分に合う教材を見つけられるように、教材の特徴を中立な目線で紹介します!!
記事URLをコピーしました