【通信教育】

スタディサプリとZ会はどっちがいい?東大卒元教員が比較【小中高まとめ】

Z会とスタディサプリはどっちがいい?元教員が解説【併用するならこういう人】

「スタディサプリとZ会ってどっちがいいの?」って気になったので、違いを比較してみました!

 

本記事の内容

  • スタディサプリとZ会はどっちがいいのか?(小学生・中学生・高校生)
  • スタディサプリとZ会の併用はありなのか?

 

もちお
もちお
通信教育について調べてまとめたブログ「もちおスクール」を運営しています。

正直に申し上げると、僕にも生活があるので各会社からお金をいただいております(←1件あたり◯円という形で)

が、このブログでは、お金目的で特定の通信教育だけをゴリ押しすることはしません!

実際、他の通信教育比較サイトでは「これ、どう考えても報酬額の高さに応じて順位をつけているよなあ…(←サイト運営者が儲かることが一番の目的になっているなあ…)っていう記事がありますが、

このブログでは、読者の皆様が自分に合う教材を見つけられるように各教材の特徴を中立の目線で紹介します!!

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は元社会科教員

ざっくりと学校の勉強の経歴(?)を書くと、こんな感じ。

  • 小学生の時は偏差値40台だったけど、「学年で10位以内に入ったら携帯電話を買ってあげる」という親の言葉で火がつき、猛勉強。その結果、
  • 中学生では、塾に行かずに学年1位
  • 高校では、学年で1ケタの順位をキープ
  • 東大文科三類不合格
  • 浪人
  • 東大模試で文科三類1位
  • 東大に合格

 

 

スタディサプリとZ会、どっちがいい?

小学生・中学生・高校生それぞれに分けて説明しています!

スクロールするのが面倒な人はこちらをクリック!

 

 

【小学生】スタディサプリとZ会、どっちがいい?

準備中

 

【中学生】スタディサプリとZ会、どっちがいい?

スタディサプリ

スタディサプリの学習スタイルは1つだけで、基本的にタブレットやスマホで授業動画を見て学習します(紙テキストだけで学ぶスタイルはありません)

 

Z会

どの学年も2つのコースから選ぶことができます。

①中学生タブレットコース Z会専用タブレットかiPadを使って学習するコース
②中学生テキストコース 紙テキストを使って学習するコース

 

ということで、「紙テキストとシャーペンだけで勉強したい!タブレットはいらない!」っていう場合はZ会(テキストコース)一択です。

 

 

もちお
もちお
ここからは、タブレットを使うタイプ同士で比較をします!

 

 

まず最初に言っておくと、スタディサプリもZ会もどちらも「自分で計画を立ててやれる人向けの通信教育」っていう感じが強いです。

というのも、スタディサプリもZ会もすべての授業動画・学習教材が見放題(オープンカリキュラム)だからです。全部見放題なのはありがたいっちゃありがたいんですけど、逆に「何からやればいいんだろうー…」って悩むことにもつながるので、一長一短。

毎月毎月、教材を小出しで提示してくれる進研ゼミやスマイルゼミとはそのあたりが違います。

 

※もし「毎月少しずつ教材が届いたほうが良い!だってその方が何をやればいいか明確だから!」っていう人は、進研ゼミやスマイルゼミがおすすめです。

【小学生】進研ゼミとスマイルゼミとZ会はどれがいい?

【中学生】進研ゼミとスマイルゼミとZ会はどれがいい?

 

※スマイルゼミは高校生向け講座は展開していません。

【高校生におすすめの通信教育】東大卒元教員が比較して説明します!

 

 

スタディサプリもZ会も「自分で計画を立ててやれる人向けの通信教育」っていう前提のもとで、どっちがいいか?について僕はこう考えました!↓↓↓

 

取り組み方

【理由】スタディサプリは専属コーチがつくコースがある(個別指導コース:有料)

【理由】Z会はタブレットが多少は「その人に合った学習内容」を提案してくれる。

教科

【理由】Z会は1教科ずつの受講もできる

タブレット

【理由】スタディサプリは様々なタブレットに対応しているけど、Z会はiPadか専用タブレットで学習する。

添削指導

【理由】スタディサプリには添削指導がついていないけど、Z会には添削指導がついている

質問

【理由】スタディサプリで質問をしたかったら個別指導コースという上位のコースを受講する必要があるけど、Z会には質問できるサービスが最初からついている。

料金

【理由】スタディサプリは月額約2,000円で全教科の動画を見ることができる。

って感じです!

 

 

 

スタディサプリ

スタディサプリの画像

スマホ・PC・タブレットで授業動画を見ながら、授業対応テキストに書き込んで勉強します。

 

 

スタディサプリ

小4~高3までの授業動画が見放題になるところがスタディサプリの大きなメリット。塾や他の通信教育と比べても、学習の自由度が高いです。

学校で習っていない内容をどんどん先取り学習をすることもできるし、「あれわかんなかったんだよな」っていう部分の学習内容にさかのぼって復習をすることもできます

 

 

教科は5教科です。

実技教科は含まれていませんが、それを差し引いても月額約2,200円は圧倒的に安いです。

※授業対応テキストはPDFでダウンロードできる。(無料)

 

添削問題はありません。

 

スタディサプリ個別指導コースの画像

※個別指導コースに登録すると、添削をしてもらったり学習計画を立ててもらったりすることができる。

【中学生】スタディサプリ個別指導コースの概要をまとめた【違い】

 

値段は12ヶ月分一括払いがお得。

 

中1〜3(ベーシックコース)

12か月分一括払い 月額1,815円
毎月払い 月額2,178円

中1〜3(個別指導コース)

毎月払い 月額10,780円

※税込
※入会金・退会金0円

 

スタディサプリは14日間無料体験可能です。

 

 

 

スタディサプリ中学講座(中1〜中3)の概要をまとめた

各学年の記事はこちら(中1中2中3

 

Z会

Z会中学生コース

タブレットでZ会のアプリにアクセスして、文章・イラスト・映像授業を見たり、付属ペンで問題を解いたりしながら勉強します。

3年分の単元がすべて公開されていて、自由にアクセスできるので、自分のペースで勉強することができるとのこと。

 

Z会中学生コース

あと、AIがその人の理解状況やミスの傾向を判断して、その人に合った学習内容を提案してくれたりもするようです。

※クラスやレベルを選択する必要はありません。

 

タブレットは2021年度から新登場のZ会専用タブレットを使います(別途、お金がかかります→くわしくは公式ページ・資料請求でご確認ください)

ちなみに、この専用タブレットはZ会を退会後も普通のタブレット端末として活用できるらしいです。

 

※すでにiPadを持っている場合、そのiPadを使ってタブレットコースを受講することもできます。

 

教科は英語・数学・国語・理科・社会の5教科が基本。

5教科セットで受講 or 1教科ずつの受講(申込)です。

※教科によって異なるコースで受講することはできません(数学はタブレットコースで、英語はテキストコースで、、、みたいなことはNG)。

 

Z会といえば添削問題。

添削問題ではタブレット上にペンを使って、紙と同じように書き込み、そのまま提出します。

 

 

会員サイトMyPageの「教えてZ会!」というサービスから質問・相談をすることができます。

※受付して3日後(日曜・年末年始を除く)までに、Z会のナビゲーターが回答。

 

値段は12ヶ月分一括払いがお得。1講座ずつの料金については公式ページ・資料請求でご確認ください。

 

中1(タブレットコース5講座セット

12か月分一括払い 月額8,115円
6ヶ月分一括払い 月額9,305円
毎月払い 月額9,900円

 

中2(タブレットコース5講座セット)

12か月分一括払い 月額8,965円
6ヶ月分一括払い 月額10,255円
毎月払い 月額10,900円

 

中3(タブレットコース5講座セット)

12か月分一括払い 月額11,430円
6ヶ月分一括払い 月額13,010円
毎月払い 月額13,800円

※税込
※入会金・退会金0円

 

 

【Z会 中学講座】について東大卒元教員が解説(勉強が超苦手な人には不向き)

 

 

併用するのもあり

紙とペンの画像

いくつかの教科を満遍なく勉強しつつ、特定の教科を伸ばしたいのであれば、Z会とスタディサプリを併用するのもありだと思います。

 

スタディサプリの動画授業で満遍なく勉強しつつ、伸ばしたい教科はZ会の添削問題も利用しつつガッツリ対策する、という感じ。

 

★中学講座の資料請求・申し込みはこちら★

スタディサプリ

中学講座

※14日間の無料体験可能

 

 

 

 

【高校生】スタディサプリとZ会、どっちがいい?

スタディサプリ

スタディサプリの学習スタイルは1つだけで、基本的にタブレットやスマホで授業動画を見て学習します(紙テキストだけで学ぶスタイルはありません)

スタディサプリ高校講座

 

Z会

これがZ会高校講座の大まかな全体像です。

 

高校1年生・2年生は2つの学習スタイル(iPadスタイル・テキストスタイル)から選べますが、

高校3年生・浪人生(大学受験生)は紙テキスト系の学習スタイルしか選べません。

 

ということで、「紙テキストとシャーペンだけで勉強したい!タブレットはいらない!」っていう場合はZ会(テキストコース)一択です。

※テキストコースでも、重要ポイントをスマホで勉強できる「授業アシスト」を利用することができます。

※本科・専科を1講座でも受講すれば、英・数・国すべて利用可能。

※タブレットやパソコンでも利用可能。

 

 

もちお
もちお
ここからは、タブレットを使うタイプ同士で比較をします!

 

どっちがいいか?について僕はこう考えました!↓↓↓

 

取り組み方

【理由】スタディサプリは専属コーチがつくコースがある(合格特訓コース:有料)

教科

【理由】Z会は1教科ずつの受講もできる

タブレット

【理由】スタディサプリは様々なタブレットに対応しているけど、Z会はiPadで学習する。

添削指導

【理由】スタディサプリには添削指導がついていないけど、Z会には添削指導がついている

質問

【理由】スタディサプリで質問をしたかったら合格特訓コースという上位のコースを受講する必要があるけど、Z会には質問できるサービスが最初からついている。

料金

  • できるだけ出費を抑えたいならスタディサプリ
  • 実力をつけるために値段が高くても大丈夫ならZ会

【理由】スタディサプリは月額約2,000円で全教科の動画を見ることができる。

って感じです!

 

 

 

スタディサプリ

授業動画が見放題

 

先取り学習・さかのぼり学習

高3までの5教科(国数理社英)の授業動画が見放題なので、まだ学校で習っていない内容をどんどん先取り学習をすることもできるし、「あれわかんなかったんだよな」っていう部分の学習内容にさかのぼって復習をすることもできます

 

スタディサプリ高校講座

動画の長さは約15分

動画の長さは約15分となっているようです。長すぎないので集中力が途切れにくそうです。

 

スタディサプリ高校講座

動画速度の変更

倍速再生もできるので、速いスピードで勉強することができます。

 

 

難易度の選択

 

映像授業は大きく3つの講座に分かれています。

  • 通年・科目別講座
  • 志望大対策講座
  • 共通テスト対策講座

このうち、「通年・科目別講座」は4つのレベルに分かれています。

スタディサプリ高校講座
トップレベル 最難関国公立、最難関私立大学レベルを目指す方向け
ハイレベル 難関国公立、難関私立大学レベルを目指す方向け
スタンダードレベル 一般的な国公立、私立大学レベルを目指す方向け
ベーシックレベル 基礎理解を目指す方向け

※ベーシックレベルは高1・高2向け

 

高1〜高3まで同じ値段です。

12か月分一括払い 月額1,815円
毎月払い 月額2,178円

※税込
※入会金・退会金0円
※一括払いの方が退会する場合は、受講月数に応じて受講費を計算し直し、残金が返金される

 

スタディサプリ高校講座

比較的安いので、いま通っている塾・予備校にプラスして受講しやすい(併用しやすい)教材です。「塾の授業でわからなかったところがあるんだけど、先生が忙しそうで質問しにくい…」っていう時に、スタディサプリの授業動画を見て再度勉強する、っていう感じ。

 

ちなみに、14日間無料体験ができます。自分に合うか?を確認するまでお金を払わなくてOKなのも良いところ。

※体験期間中に解約すれば料金は発生しません。

 

 

スタディサプリ高校・大学受験講座(高1〜高3)の概要をまとめた

各学年の記事はこちら(高1高2高3

合格特訓コースについて、くわしくはこちら

 

 

Z会

高校1年生・高校2年生

【本科】

主要5教科の学習は、iPadを使う「iPadスタイル」と紙テキストを使う「テキストスタイル」の2種類のスタイルが用意されています。

※主要5教科=英語・数学・国語・物理基礎・化学基礎・生物基礎・物理・化学・生物・日本史・世界史・地理

 

【専科】

一方で、Z会には英語ライティングや英語リスニング、小論文などの特定の単元に特化した講座もあって、これら専科の講座はテキストスタイルのみとなります。

 

スマホで学べる「授業アシスト」

重要ポイントをスマホで勉強できる「授業アシスト」を利用することができます。

 

Webで質問可能

「教えてZ会!」というサービスを使えば、Z会の教材に関する質問や学習計画・進路選択に関する質問をすることができます。

 

料金は、本科iPadスタイル・本科テキストスタイル・専科で異なります。

[本科]iPadスタイル 月額5,230円
[本科]テキストスタイル 月額5,330円
[専科] 月額3,780円(英語ライティング・英語リスニング・小論文)

※税込
※1講座あたり
※入会金・退会金0円
※6ヶ月一括払い・12ヶ月一括払いをすると値引きされる
※一括払いの方が退会する場合は、受講月数に応じて受講費を計算し直し、残金が返金される
※受講会費にiPad端末代金は含まれない

 

 

高校3年生・浪人生

【本科】志望大別コース

毎月、志望大レベルの実戦問題に取り組む講座です。

※1講座(1科目)ごとの受講。

 

【専科】共通テスト攻略演習

毎月、共通テスト対策に取り組む講座です。

※6教科17科目セットの受講。

 

Webで質問可能

「教えてZ会!」というサービスを使えば、Z会の教材に関する質問や学習計画・進路選択に関する質問をすることができます。

 

料金は、本科・専科で異なります。

[本科]東大コース 月額5,980円
[本科]京大コース 月額5,980円
[本科]医学科コース 月額5,980円
[本科]難関国公立コース 月額5,980円
[本科]早慶コース 月額5,980円
[本科]難関私大コース 月額5,980円
[本科]標準国公私大コース 月額5,933円
[専科] 月額3,500円

※税込
※1講座あたり
※入会金・退会金0円
※6ヶ月一括払い・12ヶ月一括払いをすると値引きされる
※一括払いの方が退会する場合は、受講月数に応じて受講費を計算し直し、残金が返金される

 

 

【Z会 高校講座】について東大卒元教員が解説(全教科受講はおすすめしない)

 

 

併用するのもあり

紙とペンの画像

いくつかの教科を満遍なく勉強しつつ、特定の教科を伸ばしたいのであれば、Z会とスタディサプリを併用するのもありだと思います。

 

スタディサプリの動画授業で満遍なく勉強しつつ、伸ばしたい教科はZ会の添削問題も利用しつつガッツリ対策する、という感じ。

 

★高校講座の資料請求・申し込みはこちら★

スタディサプリ

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

※14日間の無料体験可能

 

 

 

 

おすすめの通信教育まとめ記事

 

ご家庭で勉強したい人へ

通信教育を比較

おすすめな通信教育についてまとめました。各通信教育の比較ができます。

 

 

進研ゼミ

進研ゼミ中学講座
  • 全教科の対策をしたい!
  • でも部活や習い事で忙しい
  • 自分で学習計画・学習内容を考えるのは苦手

っていう人に向いているのが進研ゼミ。値段も比較的安めです。

くわしくは下の個別記事で。

 

 

 

 

家庭教師を探す

 

 

社会科チャンネル

社会科チャンネル

YouTubeで社会科の動画をアップ中です。よければご視聴お願いします。

>>社会科チャンネルはこちら

このブログの3つのテーマ

もちおの勉強ブログ

小中高生とその保護者向け

 

もちおの生活改善ブログ

18才〜30代の大人向け

 

もちおの教員向けブログ

若手教員向け(僕の教員経験を書きました)

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA