【勉強】

『三行で完全にわかる日本史』レビュー:ゆるい文体なくせに短時間で歴史の本質を学べる本

『三行で完全にわかる日本史』レビュー:ゆるい文体なくせに短時間で歴史の本質を学べる本
ビジネスマンのイラスト
歴史の学び直しをしようと思っている大人 「日本史の学び直しをしたいんだけど、忙しいからなるべく時間はかけたくないし、歴史用語がたくさん出てきたりすると拒否反応が出る。ゆるい感じで、でもしっかりと歴史を学ぶことができるおすすめの本ってある?」

 

もちお
もちお
あります。

  • なるべく短い時間で日本の歴史を学びたい
  • 歴史用語はたくさん出てこないでほしい
  • でも、本質はとらえて、歴史の流れはしっかりと学びたい

というあなたの願いを叶えてくれる本があります。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

今回は、

『三行で完全にわかる日本史』

という日本史の本のレビューをします。

たぶん、この記事を読んでくれている方は

仕事で忙しいけど、日本の歴史について理解しておかないと恥ずかしいから、できる範囲で頑張って勉強をしたい

っていう意識の高い大人の方だと思います。

そんな大人の方に、元教師の僕が自信をもっておすすめします。

『三行で完全にわかる日本史』はどんな本?

『三行で完全にわかる日本史』レビュー:ゆるい文体なくせに短時間で歴史の本質を学べる本
  • 野島博之(2018) 『三行で完全にわかる日本史』 集英社
  • 値段 1,404円(単行本)
       1,264円(Kindle)

「日本史に野島あり」と言われた予備校(学研プライムゼミ)講師の野島博之さんの著書です。

 

『三行で完全にわかる日本史』レビュー:ゆるい文体なくせに短時間で歴史の本質を学べる本

この本は、歴史の流れをつかむ上で外せない重要なテーマをおさえています

 

『三行で完全にわかる日本史』レビュー:ゆるい文体なくせに短時間で歴史の本質を学べる本

そして、それぞれのテーマについて、

  • 三行での解説
  • もう少しだけ詳しくした解説

の2つの形で説明をしてくれる本です。

なんで

  • なるべく短い時間で日本の歴史を学びたい
  • 歴史用語はたくさん出てこないでほしい
  • でも、本質はとらえて、歴史の流れはしっかりと学びたい

っていう願いを叶えてくれる本なの?

もちお
もちお
はい。では説明します。

『三行で完全にわかる日本史』 は忙しいけど学ぶ意欲のある人の時間を奪わない

歴史の流れをつかむ上で大切なポイント(テーマ)について、まるで新聞や雑誌の見出しかのように三行で解説してくれるので、

サクサク読み進めることができて、時間を節約しつつ学び直すことができます

 

『三行で完全にわかる日本史』レビュー:ゆるい文体なくせに短時間で歴史の本質を学べる本

例えば、日本が太平洋戦争(第二次世界大戦)へと突き進む中で起きた超重要な五・一五事件について、このように三行でまとめられています。

首相・犬養毅が5月15日に海軍将校に暗殺される。

日本の民主主義は終わりを告げ、軍国主義へ。

国際連盟も脱退し、日本は世界から孤立していく…。

もちお
もちお
高校の日本史の教科書だったら十行近く読まなければいけないところが三行で済むので、時間を大きくかけることなく勉強することができます

『三行で完全にわかる日本史』 は歴史の流れをしっかりと学べる

でも、三行だとしっかりと学ぶことはできないんじゃないの?

と思うかもしれませんが、大丈夫です。

 

『三行で完全にわかる日本史』レビュー:ゆるい文体なくせに短時間で歴史の本質を学べる本

「もう少しだけ詳しく」というページがあって、ここで重要なことはしっかりと説明してくれます。

でも、結局これだけの量の文章を読むんだったら教科書を読んだ方が良いんじゃないの?

って疑問が湧くかもしれませんが、これも大丈夫です。

教科書とはちがって、

かたい文章ではない

ですし、

細かい歴史用語は出てこない

です。

実際に読んでもらうと分かると思いますが、むしろかなり「ゆるく」解説してくれています

 

『三行で完全にわかる日本史』はこのような作りをしているので、

  • 「三行」だけ読めば、サクッと歴史を勉強できる
  • 「もう少しだけ詳しく」の解説を読めば、もう少し深く勉強できる
  • でも、「もう少しだけ詳しく」の文章は硬くないしゆるいので、読むのにそんなに時間がかからない

という感じで、忙しいけど学び直しをしたい意識の高い大人の方にかなりありがたい本になっています。

『三行で完全にわかる日本史』 はゆるいくせに本質を突いている

でも、ゆるく書いてあるって聞くと、内容的に間違っていないのか不安になる。

日本人として恥をかきたくないから歴史を学びなおそうと思っているのに、学び直した歴史が「間違った歴史」だったら、結局恥をかくことになるよね。

大丈夫です。

 

『三行で完全にわかる日本史』レビュー:ゆるい文体なくせに短時間で歴史の本質を学べる本

ゆるい文体で書かれてはいますが、歴史の本質をしっかりと突いています

高校レベル(大学受験レベル)の本質的な部分をちゃんと説明してくれています。

例えば、江戸幕府の各種制度のところでは、

税金も通過ではなく基本兵糧米で取る。これが原因で、江戸幕府は米の値段によって税収が左右される、国庫収入が不安定な国家経営を強いられることになるのだ。

という解説がされていますが、これは江戸時代の歴史の流れをつかむ上で、超重要な話です。
(ですが、多くの受験生はそんなに意識せずスルーしてしまっている、という部分。)

もちお
もちお
このように、ゆるい文体ではありますが、歴史の本質をしっかりと説明してくれている本です。

こういう内容的な部分は、東大日本史の講座などを担当していて、超評価が高い野島博之さんが執筆した本ですので、安心して大丈夫です。

もちお
もちお
「間違った歴史を学んで、結局恥をかくかも」と不安になる必要はありません。

忙しくて時間のない大人が、歴史をゆるく学び直したいなら『三行で完全にわかる日本史』がおすすめ

『三行で完全にわかる日本史』レビュー:ゆるい文体なくせに短時間で歴史の本質を学べる本以上、『三行で完全にわかる日本史』のレビューでした。

  • なるべく短い時間で日本の歴史を学びたい
  • 歴史用語はたくさん出てこないでほしい
  • でも、本質はとらえて、歴史の流れはしっかりと学びたい

というあなたの願いを叶えてくれる本

です。

もちお
もちお
Kindle版の方が安いですし持ち運びも便利ですので、Kindleで読むのがスマートです。

もちお(@softenisuke)でした。

【おすすめ】日本史の参考書・問題集まとめ【高校生(大学受験)向け】
【おすすめ】日本史の参考書・問題集まとめ【高校生(大学受験)向け】日本史の参考書・問題集を探している人 「日本史のオススメ参考書・問題集って何ですか?」 こういった疑問に答えます。 こんにちは。もちおです。 本記事では、 【高校生(大学受験)向け】日本史のオススメ参考書・問題集 を紹介します。 ...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です