【勉強】

『読んで深める 日本史実力強化書』を東大卒元教師がレビューする

『読んで深める 日本史実力強化書』を東大卒元教師がレビューする
怒っている女性のイラスト
高校日本史の参考書を探している人 「『読んで深める 日本史実力強化書』っていう参考書はどんな感じですか?」

 

こういった疑問に答えます。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

今回は、『読んで深める 日本史実力強化書』という日本史の参考書のレビューをします!

『読んで深める 日本史実力強化書』を東大卒元教師がレビューする
  • 塚原哲也(2018) 『読んで深める 日本史実力強化書』 駿台文庫
  • 値段 1,380円

東大卒で元教員の僕が、授業を考えるときに愛用していた参考書をレビューします。教師経験者が高校日本史の参考書をレビューしているブログはほとんどないので、参考にしていただけたらうれしいです。

 

ちなみに、中学社会の参考書・問題集については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

【おすすめ】社会科(地理・歴史・公民)の参考書・問題集まとめ【中学生向け】

おすすめの日本史の参考書・問題集は下記でまとめていますので、もしよければ後でご覧ください。

【おすすめ】日本史の参考書・問題集まとめ【高校生(大学受験)向け】

『読んで深める 日本史実力強化書』の口コミ・評判

まず、世間の評価についてです。

かなり評判の良い参考書です。

塚原哲也『読んで深める日本史実力強化書』駿台文庫、2018年。本当に良いテキスト。受験生に限らず、学び直しする社会人とかいろんな人に適してると思う。。。

塚原先生シリーズでは、国公立向けの『日本史の論点』以外にも、私大受験生にも『実力強化書』は是非読んでほしい。語呂合わせと話し言葉だけが私大日本史なんじゃないってことは、教育実習のときにも口を酸っぱくして言ったけど(一問一答はやるなとも)

ただこの場で一冊だけ参考書をおすすめするとしたらもう間違いなく塚原哲也先生の「読んで深める日本史実力強化書」。今後も絶対売ったり譲ったりしない。バラバラだった日本史の知識とか教科書で感じた引っ掛かりとか、綺麗にまとまっていて読んでて気持ちよかった。これで東大受かれたかも。

「日本史実力強化書」めちゃくちゃ分かりやすい……
実況中継のような柔らかく説明する感じは無いのに、教科書の行間が隙無く埋まってるから、知識が勝手に定着していく感じ。説明量も分かりやすくしようとしすぎるあまり不自然に長いということも無い。
すごい…

もちお
もちお
この参考書は僕もマジでおすすめします。

『読んで深める 日本史実力強化書』はどんな本?

『読んで深める 日本史実力強化書』を東大卒元教師がレビューする

実際にどんな本なの?

僕はこう思いました。

【子供にとってはこんな本】

  • 歴史が得意で、先取りして高校の勉強をしたい中学生におすすめな本
  • 「教科書に書いてあることをしっかりと理解したい」と思う高校生におすすめな本

【大人にとってはこんな本】

  • 歴史小説レベルではなく、日本史を高いレベルで学び直したい人におすすめな本

【教師にとってはこんな本】

  • 教材研究をしっかりとしたい教師におすすめな本
  • 教科書の行間も説明して、生徒に歴史をしっかりと理解させたい教師におすすめな本

『読んで深める 日本史実力強化書』の良さ

【頭がごちゃごちゃになりがちな人】「政治」「国際関係」など、分野ごとに分けて解説してくれるので、ありがたい

『読んで深める 日本史実力強化書』を東大卒元教師がレビューする「政治」「国際関係」など、分野ごとに分けていろんな角度から説明してくれています。

「本書の構成」にはこのように書かれています。

〔章とセクション〕

 原始から現代にいたるまでを18章に分け、さらに章のなかを時期ごとにいくつかに分け、合計46のセクションを配置した。セクションは時期ごとに区切ってある…(中略)

 

〔分野の表示〕

 本文には 政治 国際関係 社会経済 文化 や 北海道 沖縄 、近代はこれらに加えて 植民地 占領地 という見出しを付けた。一つの時代を分野に分けて多面的・多角的に理解しやすくするとともに、分野ごとの推移・変化をつかみやすいようにするための工夫である。…(後略)

『読んで深める 日本史実力強化書』を東大卒元教師がレビューする図にまとめるとこんな感じです。

歴史の教科書を読んでると、内容があっちこっち行ってる感じがして、頭がごちゃごちゃになるんだけど、『読んで深める 日本史実力強化書』は整理して書いてくれてるってこと?
もちお
もちお
そうです。『読んで深める 日本史実力強化書』は、一つの時期をいろんな角度から一気に解説してくれるので、分かりやすいです。

もし、

  • 日本の政治の変化をつかみたい!

のように、分野ごとに歴史の流れをつかみたかったら 政治 って書いてあるところだけページを飛ばし飛ばし読めばいいです。

『読んで深める 日本史実力強化書』を東大卒元教師がレビューする参照ページを表示してくれているのも、かなりありがたいです。

これがあると、「●●ってなんだっけ?前に見た気がするけど、どこに書いてあるっけ?」っていう時に楽だね。

【歴史の流れが分からない人】解説の最初に内容を短くまとめてくれているので、流れをつかみやすい

『読んで深める 日本史実力強化書』を東大卒元教師がレビューするそれぞれの分野ごとの解説の最初に、このように「このあと書いてある内容」を簡単に短くまとめてくれています

人の名前とか用語がたくさん出てきて、流れが分かんなくなっちゃうんだよね。
もちお
もちお
そんな人のために(?)、解説の最初に簡単なまとめがあるので、まずはこのまとめだけ読むのでも良いかもしれません。

【教科書はつまらないと思う人】教科書の行間を解説して歴史を活き活きと解説してくれるので、面白い

教科書の文章の行間(教科書には書かれていないこと)を解説してくれるので、歴史が活き活きと伝わります。

教科書を読んでると、「説明足りないよ!分かんないよ!」って思うことがあるんだよね。
もちお
もちお
『読んで深める 日本史実力強化書』は、かなりくわしく(かといって、細かすぎるわけでもなく)解説してくれているので、しっかりと理解できます。

『読んで深める 日本史実力強化書』を東大卒元教師がレビューするくわしく解説してくれているからこそ、こんな感じでボリュームのある参考書になっているんですけど、ちゃんと索引(さくいん)もあるので、調べ物をする時に困ることはないです。

『読んで深める 日本史実力強化書』を東大卒元教師がレビューする

歴史を学び直したい大人の方も、『読んで深める 日本史実力強化書』を使えば、しっかりとしたレベルで学び直しができます。

よくある歴史小説だと創作が結構入っていたりするので、そのまま誰かに歴史の話をすると恥をかく可能性があります。

ただ、『読んで深める 日本史実力強化書』は、駿台予備校日本史講師で日本史研究の最前線にいるといってもいい塚原哲也さんが、最新の研究にもとづいて書いているので、書いてある内容に不安はないです。

もちお
もちお
なので、

  • 教材研究をしっかりとしたい教師
  • 教科書の行間も説明して、生徒に歴史をしっかりと理解させたい教師

の方も使いやすいです。(僕も使っていました)

【東大・京大・一橋受験者】この本を読み解くことが受験対策になる

これは自信をもって言います。

東大・京大・一橋の日本史受験者は必携です。

もちお
もちお
実際に読めば分かると思います。
急に乱暴だな…
もちお
もちお
でも間違いないと思います。

『読んで深める 日本史実力強化書』の対象レベル

中級者~上級者レベルです。

 

『読んで深める 日本史実力強化書』のおすすめな使い方

『読んで深める 日本史実力強化書』を東大卒元教師がレビューする『読んで深める 日本史実力強化書』の最初に、「本書の構成と使い方」が書かれています。

もちお
もちお
著者(塚原哲也さん)は、黙読じゃなくて音読をすすめています。

あと、高校生(受験生)は、高校の日本史の教科書と読み比べながら読み進めると良いと思います。

もちお
もちお

『読んで深める 日本史実力強化書』を東大卒元教師がレビューする山川出版社の『詳説 日本史』が定番。

※ボロボロ

大人の方が歴史の学び直しのために『読んで深める 日本史実力強化書』を使う場合は、高校の教科書はないと思いますが、Amazonで『新 もういちど読む 山川日本史』が手に入ります。

『読んで深める 日本史実力強化書』の注意点

『読んで深める 日本史実力強化書』を東大卒元教師がレビューする

もちお
もちお
ガチガチにお堅い文章ってわけではないですが、やわらかい語り口で面白おかしく書いてあるわけでもありません。

なので、読んでて「クスッ」と笑ってしまうようなエンターテイメント性を求めている人には向かない本です。

歴史が苦手な人には向いてる?
もちお
もちお
どう苦手かにもよりますが…

歴史を全く理解していない初心者が最初に手にとる本ではないと思います。

が、「歴史をそれなりに勉強しているんだけど、なかなか理解できない」という人には、逆におすすめしたい本です。

もちお
もちお
日本史の本質を説明してくれるので、しっかりと理解して歴史の面白さを感じたい人向けです。

もし、初心者が「まず大きく流れをつかみたい!」って思う場合は、『大学入試 マンガで日本史が面白いほどわかる本』っていう本があります。

『読んで深める 日本史実力強化書』と著者が同じ(塚原哲也)だね。
もちお
もちお
※別に塚原さんとつながっているわけじゃないですからね(笑)塚原さんの日本史の本はホントに良いと思っているので紹介しています。

『読んで深める 日本史実力強化書』のまとめ

以上、『読んで深める 日本史実力強化書』のレビューでした。

もう一度まとめると、この本は

【子供にとってはこんな本】

  • 歴史が得意で、先取りして高校の勉強をしたい中学生におすすめな本
  • 「教科書に書いてあることをしっかりと理解したい」と思う高校生におすすめな本

【大人にとってはこんな本】

  • 歴史小説レベルではなく、日本史を高いレベルで学び直したい人におすすめな本

【教師にとってはこんな本】

  • 教材研究をしっかりとしたい教師におすすめな本
  • 教科書の行間も説明して、生徒に歴史をしっかりと理解させたい教師におすすめな本

です。

高校で日本史選択の人は必携かなと思います。

全部読み通すのが大変な場合は、辞書っぽく使うのもアリです。

もちお(@softenisuke)でした。

おすすめの日本史の参考書・問題集は下記でまとめていますので、もしよければご覧ください。

【おすすめ】日本史の参考書・問題集まとめ【高校生(大学受験)向け】

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です